ネバーランド 試写会日記 毎週、熱田美希から映画ファンの皆さんへ熱いメッセージ!傑作でも愚作でも、映画ってやっぱり素敵!!
ネバーランド

100年前に英国で初上演された『ピーター・パン』
の生みの親、劇作家ジェームズ・バリの愛と生活
名作誕生の裏舞台を描いたヒューマンドラマ



 1904年12月27日、100年前にロンドンで初めて舞台作品として上演された『ピーター・パン』。世界中で愛され続けるおとぎ話は、どのように生まれたのか。劇作家ジェームズ・バリの創作の過程、その愛や生活が、事実をもとに映画化された。ジョニー・デップとケイト・ウィンスレットらの人気俳優と、かわいい子役たちの共演によるヒューマンドラマである。


 スランプの劇作家ジェームズは、散歩が日課。ある朝いつものように出かけたケンジントン公園で、彼は美しい未亡人シルヴィアと4人の幼い息子たちに出会う。空想や夢想を遊びに取り入れるジェームズは子供たちとすぐに打ち解け、一家と親しく付き合うように。4兄弟の三男ピーターは、父の死で閉ざした心に少しずつ無邪気さを取り戻し、妻との関係が冷え切っていたジェームズはシルヴィアとの交流が心の支えとなっていく。そうして精神的に満たされていくなかで、ジェームズは兄弟をモデルにした新作を執筆し始めていた。

ネバーランド
 地味ながらも佳作。噂好きな社交界で批判されるシルヴィアとジェームズの関係、2人を咎めるシルヴィアの実母、ジェームズと妻との対立によって妻が起こす行動、思春期の少年の反抗と揺れ動く感情……。“思い”によって引き起こされる、さまざまな状況。誰かが悪いわけじゃない。皆が誰かに良かれと考え、自分に正直に居るうちに、思いもよらない状況へたどり着く。そうしたことが、『チョコレート』のマーク・フォースター監督によって丁寧に描かれている。
 『シザーハンズ』『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』など、アクの強い役柄で知られるジョニー・デップも現在41歳。愛妻であるフランス出身の人気シンガー&女優のヴァネッサ・パラディとの間に、一男一女をもうけている。劇中で少年たちをやさしく見守るジェームズの眼差しには父性愛がしみじみと宿り、デップが家庭でも良き父親であることがうかがえた。


 実は本作で描かれるジェームズとシルヴィアの関係は、事実とは微妙に異なるとのこと。映画でジェームズは未亡人のシルヴィアと出会う、とあるが、実際に2人が知り合ったとき、彼女の夫は健在だったのだそう。こうした点が“事実と違う”ことで、本作は一部の親族から非難されているという。ご親族の気持ちも察するが、名作『ピーター・パン』の創作物語は綺麗なものにしておきたい、という製作サイドの方針もあったのだろう。その狙いや思惑には、善意だけでなく儲け主義的な部分があったにせよ、共感できる部分もある。


 裏ネタをもうひとつ。もともとエンディングにはエルトン・ジョンの曲が決まっていて、試写ではそのまま流れていた。が、監督の意向により、一般公開時は差し替えになるとのこと。“エルトン・ジョン、10年以上交際を続けた男性と結婚”という少し前に報道されたニュースが、映画のピュアなイメージと合わない、ということなのだろうか。


 ジェームズと子供たちの遊ぶ空想の世界、広々とした公園や草原、郊外の別荘の裏庭など、映像も美しい本作。事実をもとに構成しているため、スッキリくっきりの明快な顛末ではない部分に、はがゆさもあるかもしれない。本作では、さざなみのように穏やかな感動を味わうといいだろう。
『ネバーランド』 2004年アメリカ・イギリス映画
データ
2004年11月更新

ネバーランド

2005年1月15日公開
日比谷みゆき座ほか
全国東宝洋画系にてロードショー

■2004年 アメリカ・イギリス映画
■上映時間1:40
■東芝エンタテインメント配給
■監督/マーク・フォースター
■出演/ジョニー・デップ
ケイト・ウィンスレット
ダスティン・ホフマン
フレディ・ハイモア
ジュリー・クリスティ



プロフィール
 
あつた美希 あつた美希
CSホロス株式会社代表取締役。フリーライター、アロマコーディネーター、クレイセラピスト インストラクター/インタビュー記事、映画コメント、カルチャー全般のレビューなどを執筆。これまでに取材した人数は600人以上、2015〜2018年に『25ans』にてカルチャーページを、2015〜2019年にフレグランスジャーナル社『アロマトピア』でコラム“シネマ・アロマ”を担当。2018年よりハースト婦人画報社の季刊誌『リシェス』の“LIFESTYLE - NEWS”にてカルチャーを連載中。
あつた美希