ディパーテッド 試写会日記 毎週、熱田美希から映画ファンの皆さんへ熱いメッセージ!傑作でも愚作でも、映画ってやっぱり素敵!!
ディパーテッド

© 2006 Warner Bros. Entertainment Inc.
アジアで大ヒットを記録した香港映画を
ハリウッドが史上最高額で獲得してリメイク
豪華メンバーによる「別物」クライム・ムービー



 2002〜2003年に製作された香港映画『インファナル・アフェア』三部作をハリウッドがリメイク。監督は大御所マーティン・スコセッシ、主演はレオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン。数年前まで州警察とアイルランド系ギャングが対立していたという「サウシー」と呼ばれるボストン南部に舞台を変え、それぞれ敵方に潜入する2人の青年のドラマを描く。嘘に嘘を重ねた先に、真実と正義は見出せるのか? ハリウッドの豪華なキャスト&スタッフによるダークな人間ドラマである。


 犯罪者の多い家系でも正道を行くべく警察官を目指すビリーと、幼い頃からマフィアのボスであるコステロに育てられ、警察学校に送り込まれたコリン。生い立ちを見込まれたビリーはマフィアへの極秘潜入捜査を命じられ、犯罪者のふりをする日々に苦悩しながらもマフィアの内部情報を警部に連絡。能力を認められたコリンはマフィア撲滅のエリート集団「SIU」に配属され、刑事として辣腕をふるいながらも捜査情報をコステロに横流し。そして内通者の疑惑がマフィアと警察の双方で起こり、追及が開始される。
ディパーテッド
 まず、観る時はオリジナルの『インファナル〜』とは別物と考えた方がいい。スコセッシ監督は「僕は香港映画の大ファンで、『インファナル〜』は特に好きな作品。でも、この映画はそのリメイクというわけじゃないんだ」と語り、『インファナル〜』に着想を得た脚本家ウィリアム・モナハン(ボストン出身)による物語、と捉えているそう。3部作の長い物語を1作に仕上げてあるため設定や展開に違う点もあり、青年2人の精神的苦痛や混乱、蔦のように複雑に絡み合う人間関係の妙が『インファナル〜』と比べて物足りなく思えるかもしれないが、それもそのはず。「別物」なのだ。
 まず、観る時はオリジナルの『インファナル〜』とは別物と考えた方がいい。スコセッシ監督は「僕は香港映画の大ファンで、『インファナル〜』は特に好きな作品。でも、この映画はそのリメイクというわけじゃないんだ」と語り、『インファナル〜』に着想を得た脚本家ウィリアム・モナハン(ボストン出身)による物語、と捉えているそう。3部作の長い物語を1作に仕上げてあるため設定や展開に違う点もあり、青年2人の精神的苦痛や混乱、蔦のように複雑に絡み合う人間関係の妙が『インファナル〜』と比べて物足りなく思えるかもしれないが、それもそのはず。「別物」なのだ。


ディパーテッド
 スコセッシ監督と三度目のタッグを組んだディカプリオは追い詰められていくビリー役を、デイモンは野心的で道徳観念に欠く切れ者コリン役をそれぞれに表現。誰より印象的だったのはギャングのボス、コステロ役のジャック・ニコルソン。ふとした目線や動きに「意外性」というスパイスを効かせているのはさすが。若い2人のソツのない演技も、今年70歳(調べてびっくり!)のニコルソンの個性によってメリハリが倍増。若い世代とベテランの役割がどこか逆転しているところが面白い。ディカプリオはニコルソンとの共演について記者会見で質問されると、微妙な間を置いて「これまで共演してきた凄い人たちの中でも、とりわけユニークな人」と笑顔で回答。予想のつかない最高にエキサイティングな共演者、とも語っている。
 「信頼と裏切り、嘘と誠の物語。舞台を選ばないストーリー」と監督が示す本作。似て非なる修羅の道を進み、次第に追い詰められていく2人の行く末、事件の決着までの展開でみせるクライム・ムービーである。
『ディパーテッド』2006年アメリカ映画
データ
2007年1月更新

ディパーテッド
2007年1月20日公開
サロンパス ルーブル丸の内ほか全国松竹・東急系にてロードショー

■2006年 アメリカ映画
■上映時2:32
■ワーナー・ブラザース映画配給
■監督/マーティン・スコセッシ
■脚色/ウィリアム・モナハン
■出演/レオナルド・ディカプリオ
マット・デイモン
ジャック・ニコルソン
マーク・ウォールバーグ
マーティン・シーン
レイ・ウィンストン
ビーラ・ファミーガ



プロフィール
 
あつた美希 あつた美希
CSホロス株式会社代表取締役。フリーライター、アロマコーディネーター、クレイセラピスト インストラクター/インタビュー記事、映画コメント、カルチャー全般のレビューなどを執筆。これまでに取材した人数は600人以上、2015〜2018年に『25ans』にてカルチャーページを、2015〜2019年にフレグランスジャーナル社『アロマトピア』でコラム“シネマ・アロマ”を担当。2018年よりハースト婦人画報社の季刊誌『リシェス』の“LIFESTYLE - NEWS”にてカルチャーを連載中。
あつた美希