eHills Club 試写会日記

毎週、映画ファンの皆さんへ熱いメッセージ! 傑作でもB級でも映画ってやっぱり素敵!!

グリーンブック

マッチョなイタリア系のドライバー兼用心棒と、
知的で洗練された黒人の天才ピアニスト。
実話をもとに異質な2人の旅と友情を描く人間ドラマ

グリーンブック© 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

マッチョなイタリア系アメリカ人のドライバー兼用心棒と、知的で洗練された黒人の天才ピアニスト。まったく異質な2人が、人種差別の色濃く残る1960年代のアメリカ南部へ旅に出る。出演は、『はじまりへの旅』『イースタン・プロミス』のヴィゴ・モーテンセン、『ムーンライト』のオスカー俳優マハーシャラ・アリ、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のリンダ・カーデリーニほか。監督・製作・共同脚本は『メリーに首ったけ』『愛しのローズマリー』などコメディ作品で知られるピーター・ファレリーが、キャリア初のヒューマンドラマを手がける。豊かな表現力で高く評価されていた黒人ピアニストのドン・シャーリーと、ナイトクラブの用心棒や俳優などをしていたイタリア系アメリカ人のトニー・リップ、実在したおじさん2人のエピソードをもとに映画化。1962年のアメリカを舞台に描く、まったく異質な2人のカルチャーギャップによるコメディであり、彼らが対立を経て理解し合い友情を深めてゆくさまを映す、心温まる人間ドラマである。

ヴィゴ・モーテンセン,マハーシャラ・アリ

1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナ。用心棒のトニー・リップは、今日もチンピラを追い出して大物にうまく恩を売り、要領よく過ごしている。これから店が改装で閉店する2カ月間、妻ドロレスと2人の息子たちのために別の仕事を探していたトニーに、黒人ピアニストのドクター・ドナルド・シャーリーから用心棒兼運転手のオファーが入る。黒人蔑視のトニーは乗り気じゃなかったものの、人種差別がきびしいアメリカ南部へ演奏ツアーに行くのに、トニーの“問題解決能力”が必要だったドクター・シャーリーは、彼に高い報酬と好条件を提示して合意。2人はアメリカ南部をめぐる演奏ツアーへと出発する。

ガサツで無学でも親分肌で情に厚く、経験と勘と本能でどんなトラブルもタフに切り抜けるトニーと、黒人であることなどで当時の制約に苦しみながらも、知的で品格があり才能あふれるドクター・シャーリー。2人の魅力的な人柄と変化してゆく関係性を歯切れよく丁寧に描く、とても楽しくて見ごたえのある人間ドラマだ。そもそもこの物語は、監督・脚本家・俳優として活動し、本作の製作・共同脚本を手がけるトニーの実の息子ニック・バレロンガが父から聞いた話を50年以上温め続けていたことが始まりとのこと。この逸話の映画化を、共通の友人である俳優のブライアン・ヘイズ・カリーからたまたま聞いたファレリー監督が共同脚本と監督を名乗り出て、『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』のオクタヴィア・スペンサーが初期の段階から製作総指揮に加わったことから、企画が始まったそうだ。ファレリー監督はトニーとドン・シャーリーの逸話を聞いてから数週間ずっと、「ベッドで横になっても車を運転しても、“あれはいい話だぞ”と考えていた」とコメントしている。

トニー役はヴィゴが体重を14kg増量し、口も態度も悪くとも、率直で本質的には仁義を守る漢気のある人物として。ファレリー監督がヴィゴに「この話にぴったりの俳優」としてオファーしたものの、イタリア系ではなくデンマーク系であるヴィゴは、当初は躊躇があったという。しかし「この役がとても気に入ったし、2人の男たちの物語にしびれた」ことから、ヴィゴは監督と話し合い、「長年の経験からこの不安はいい兆候だと予感してOKした」とコメント。撮影前にはスペインの自宅からニューヨークへ赴き、ニュージャージー州のフランクリン・レイクスでバレロンガ一家のニックと弟のフランクら親族たちと、フランクが経営する「トニー・リップ・レストラン」で会い、食事をしながらさまざまな話をしたという。そこでトニー役を演じることへの確信を得た時のことについて、ヴィゴは語る。「トニーは僕の父によく似ていたんだ。バレロンガ家とモーテンセン家は人種も背景も大きく違うけれど、ユーモアの感覚と家族のあり方が似ていて、強い親近感を覚えた。労働者階級出身である種の頑固さとカリスマ性がある、僕の父とトニーの共通点だ。それが僕にとっていい弾みになった」
 知的で気品ある天才ピアニストのドクター・シャーリー役はマハーシャラが、黒人だからと自身の音楽表現まで制限されることに苦悩しながらも超然とかまえる様子を繊細に表現。世間知らずな天才と世慣れた用心棒が、互いに欠けている面を補い合い、いいコンビとなってゆくさまがよく伝わってくる。トニーの妻ドロレス役はリンダが夫と子どもたちを愛する明るい女性として、ドクター・シャーリーのツアーメンバーであるチェロのオレグ役はディミテル・D・マリノフが、ベースのジョージ役はマイク・ハットンがそれぞれに演じている。

リンダ・カーデリーニ,ヴィゴ・モーテンセン

実在したトニー・バレロンガ本人は、1930年生まれのイタリア系アメリカ人。ニューヨークの有名なナイトクラブ、コパカバーナに12年間勤務し、1972年の名作『ゴッドファーザー』で俳優デビュー、1985年の『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』、1990年の『グッドフェローズ』などに出演も。コパカバーナに勤めていたことからフランク・シナトラ、トニー・ベネット、ボビー・ダーリンなど有名人とも交流し、大物マフィアとのつながりも。トニーは7年生(日本の中学1年生)までしか学校に通わなかったそうだが、弁がたち交渉や問題解決に長けていたことから、“リップ”と呼ばれるようになったという。
 ドナルド・ウォルブリッジ・シャーリーは、1927年生まれのジャマイカ系アメリカ人。2歳の時に母親に習ってピアノを始め、9歳でロシアのレニングラード音楽院で学び、18歳でボストン・ポップス・オーケストラにてコンサート・デビューし、1955年にケイデンス・レコードから『Tonal Expressions』でアルバム・デビュー。音楽、心理学、典礼芸術の博士号を取得し、複数の言語を話した。ピアニスト、作曲家、編曲家として活躍し、カーネギー・アーティスト・スタジオの専属作曲家を務め、ジョン・F・ケネディが大統領を務めるホワイトハウスで演奏、デューク・エリントンとの交流も。
 そしてトニーとドクター・シャーリーは1962年から50年以上にわたって交流し続け、トニーは2013年1月4日に82歳で、シャーリーは同年の4月6日に86歳で亡くなり、ほぼ同時期に他界した。

劇中には、“武骨で無学な”トニーがシャーリーの演奏を一聴し、「天才だ」と瞬間的に理解するシーンがある。コパカパーナで人気ミュージシャンたちの音楽を日々耳にしていたこと、“Amore、Cantare、Mangiare(愛し、歌い、食せよ)”が意識に根付いていてその価値を知る、いかにもイタリア系らしい豊かで素直な感性が面白い。個人的にはトニーの奥さんへの手紙のくだり、受け取った妻ドロレスの思いに染みるものがあった。
 劇中のドクター・シャーリーのサウンドは、現代の若手ピアニストであるクリス・バワーズが演奏。彼はジュリアード音楽院に17歳で合格し、美術学士号と美術修士号を取得し、2011年にセロニアス・モンク国際ジャズ・ピアノ・コンクールで優勝。ジャズ界の巨匠たちとの共演やヒップホップの人気アーティストのアルバムに参加、映画音楽を手がけるなど活躍している人物だ。バワーズはドクター・シャーリーと同じく、スタンウェイのピアノでしか演奏しないという共通点も。時には気品にあふれ時には情熱がほとばしるピアノやトリオの演奏が楽しめるのも、この作品の魅力のひとつだ。

トニーの息子で本作の製作・共同脚本を手がけたニック・バレロンガは、父とドクター・シャーリーとの旅をいつか映画にしたいと考えていたことから、晩年に差しかかった頃にトニーに旅について話を聞き、何時間も録音と録画をして会話を記録。そして家族ぐるみで付き合っていたドクター・シャーリー本人にもインタビューを行い、今回はそうした資料をもとにファレリー監督とニック・バレロンガが共同で脚本を仕上げていった。
 今の映画界では、マーケティングとしては女性ものを作っておけばOKと、凛々しい女性が主役のものが多いなか、暗に現代的な女性を否定するかのような「昔はよかった」的な男性優位を強調する作品もあり、どっちもどっちかなという感覚もあるなかで。この映画では、当時に活躍した人物でありながらもそこまで歴史的な有名人というわけではない、実在したおじさん2人の私的な人間関係を描き、生活環境も人種も性格も異なるぎくしゃくした間柄から、ごたごたとモメながらも一緒に行動するうちに相手の長所を認め合い、短所を補い合って、対立や理解を経て友情を深めてゆく、という今も昔も変わらない普遍的な人のつながりを描いていて。いい話だから伝えたい、というスタッフとキャストが感じていただろう素朴な感情が、この映画を観るとわいてくるのだ。

マハーシャラ・アリ,ヴィゴ・モーテンセン

グリーンブックとは、1936年から1966年までヴィクター・H・グリーンが毎年出版した、黒人が利用可能な施設を記した旅行用ガイドブックのこと。劇中では、1962年当時のアメリカ南部で実際にあったジム・クロウ法による極端な人種差別について、黒人は食事や宿泊、買い物をする場所、使用できる水飲み場やトイレが制限され、いくつかの町では黒人が日没後に外出することも違法だったことが描かれている。現在、アメリカでは差別や社会の分断が原因によるさまざまな暴力問題や事件が多発しているなか、こうした映画が大勢の人々に届くのは、ほんのささやかなことであっても大切なことだろう。

実話をもとに、イタリア系の白人とジャマイカ系の黒人が人種や背景を超えて理解し合い、長い友情をはぐくむきっかけとなった旅を描く本作。2018年の第43回トロント国際映画祭にて観客賞の受賞をはじめ、製作関係者の予想を超えて数々の賞を受賞している。そして2019年2月25日に授賞式が行われる第91回アカデミー賞でも、作品賞、主演男優賞、助演男優賞、脚本賞、編集賞と主要な賞にノミネートも。賞レースにはいろいろな意味で個性や魅力のある作品、あるいは強いコネクションをもつ作品があがるなか、コメディは評価されにくいと知ってはいるが、個人的にはこうした泥臭くもあたたかい心情を丁寧に描くドラマが評価されるといいなと心から思う。

※2019年2月26日 追記
『グリーンブック』は2019年の第91回アカデミー賞にて、作品賞、助演男優賞、脚本賞の3部門を受賞。

2019年2月19日更新

作品データ

劇場公開 2019年3月1日よりTOHOシネマズ日比谷ほかにて全国ロードショー
制作年/制作国 2018年 アメリカ
上映時間 2:10
配給 GAGA
原題 GREEN BOOK
監督・製作・共同脚本 ピーター・ファレリー
製作・共同脚本 ニック・バレロンガ
音楽 クリス・バワーズ
出演 ヴィゴ・モーテンセン
マハーシャラ・アリ
リンダ・カーデリーニ
ライター:あつた美希 CSホロス株式会社代表取締役。フリーライター、アロマコーディネーター、クレイセラピスト インストラクター/2015〜2018年に『25ans』にてカルチャーページを担当。2015年よりフレグランスジャーナル社『アロマトピア』でコラム“シネマ・アロマ”を、2018年よりハースト婦人画報社の季刊誌『リシェス』の“LIFESTYLE - NEWS”にてカルチャーを連載中。インタビュー記事の執筆も。