オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展

何気ない情景に潜む緻密な仕掛けが魅力! 約30点が初来日する大規模回顧展

19世紀末から20世紀前半にかけてフランスで活躍したナビ派の画家、ピエール・ボナール。浮世絵の影響を受け、躍動にあふれる装飾的な作品を描いて「日本かぶれのナビ」と呼ばれたその魅力を絵画、素描、版画、写真などから掘り起こす大規模な回顧展です。

1867年、パリ郊外に生まれたボナールは、パリの画塾アカデミー・ジュリアンに通い、ポール・セリュジエ、ポール・ランソン、モーリス・ドニらと出会います。1888年、ポール・ゴーギャンの教えを受けたセリュジエを中心に、エドゥアール・ヴュイヤールらとともに「ナビ派」を結成。父の望んだ法律の道ではなく、画家になることを決意します。
 1890年、エコール・デ・ボザールで開催された「日本の版画展」に衝撃を受け、ジャポニスムの影響が現れた作品を描くようになります。1925年には、長年恋人だったマルト・ド・メリニー(本名マリア・ブルサン)と結婚し、カンヌ近郊のル・カネに居を構えました。

本展では、7章立てで画業を振り返ります。「1章 日本かぶれのナビ」では、ナビ派の一員として、繊細で奔放なアラベスクと装飾モティーフが特徴的な作品が登場。浮世絵の美学を積極的に取り込み、縦長の構図や平坦な色面構成を試みました。《庭の女性たち》など、ジャポニスムの影響を受けた作品や、親密な室内情景を描いた作品なども紹介されます。「2章 ナビ派時代のグラフィック・アート」では、リトグラフによるポスターや本の挿絵、版画集など、初期の作品に迫ります。「3章 スナップショット」では、水遊びに興じる甥っ子たちや恋人マルトのヌードを写した美しい写真を展示。「4章 近代の水の精たち」では、画業全体で重要な位置を占める裸婦作品に注目。「5章 室内と静物「芸術作品―時間の静止」」では、“親密さ”をテーマに描かれた作品がそろいます。《桟敷席》や《ル・カネの食堂》など、日常の些細な変化を“時間の静止”と捉えて描きました。「6章 ノルマンディーやその他の風景」では、《ボート遊び》など、やわらかな光の中にひろがる風景を描いた作品を取り上げます。「7章 終わりなき夏」では、色彩に満ちた終わることのない“夏”を描いた《水の戯れ あるいは 旅》などが展示されます。
 オルセー美術館のボナール・コレクションと国内外の優品を加えた130点以上の作品が一堂に集い、うち、約30点は初来日。初期から晩年までトータルに展観できます。

ピエール・ボナール《庭の女性たち》1890-91年 デトランプ、カンヴァスで裏打ちされた紙(4点組装飾パネル) 160.5×48cm(各) オルセー美術館 © RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF
ピエール・ボナール《猫と女性 あるいは 餌をねだる猫》1912年頃 油彩、カンヴァス 78×77.5cm オルセー美術館 © RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

ピエール・ボナール《黄昏(クロッケーの試合)》1892年 油彩、カンヴァス 130.5×162.2cm オルセー美術館 © RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF
ピエール・ボナール《フランス=シャンパーニュ》1891年 多色刷りリトグラフ 78×50cm 川崎市市民ミュージアム
ピエール・ボナール《大きな庭》1895年 油彩、カンヴァス 168×221 cm オルセー美術館 © RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF
開催概要
展覧会名 オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展
会期 2018年9月26日(水) 〜 12月17日(月)
休館日 毎週火曜日
時間 10:00〜18:00
※金・土曜日は21:00まで、ただし9月28日(金)、29日(土)は21:00まで
※入場は閉館時間の30分前まで
会場 国立新美術館 企画展示室1E
港区六本木7-22-2
>> 会場の紹介記事はこちら
観覧料 一般 1,600円、大学生 1,200円、高校生 800円
公式サイト http://bonnard2018.exhn.jp
問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
2018年9月更新