六本木アートナイト2019

オールナイトでアートを満喫!
今年はカラフルバルーンや街中を移動する巨大ボールが登場

今年で記念すべき10回目を迎える、六本木の街を舞台にした一夜限りのアートの饗宴 「六本木アートナイト2019」が、5月25日(土)〜26日(日)の日程で開催。今回は「夜の旅、昼の夢」をテーマに、アジアの現代アート界を代表する韓国のチェ ・ジョンファをはじめ、多くのアーティストが六本木の街中にアートを点在させる。

メインプログラム・アーティストのチェ ・ジョンファは、巨大な果物や野菜が地面に転がるファンタジーなカラフルバルーン彫刻《フルーツ・ツリー》を六本木ヒルズアリーナで展開。また、東京ミッドタウンでは約1万個のくねくねバルーンが空間に飛び出す《ライフ・ライフ》、国立新美術館では一般家庭などから寄付されたプラスチック製のカゴ・皿・鍋などからアート作品をつくる《みんなで集めよう》をそれぞれ発表する。

六本木アートナイトで日本初上陸となる《レッドボール・プロジェクト》は、アメリカ人アーティストのカート・パーシキーによる周遊型パブリックアートで、ゴムボールで出来た巨大な赤玉が毎日移動を繰り返しながら、六本木の街なかを一週間に渡って巡回。固定、静止、永久性など、通常のパブリックアートの枠組みからユーモラスにはみ出す赤玉が、都市への視点を拡張させてくれるだろう。

他にも、2018年にパリで開催された、風呂敷の魅力を伝える文化交流事業「FUROSHIKI PARIS」の報告展、ガラスキューブの表面を覆う黒い塗料を削ることで、絵やメッセージを作品に書き残すことができる観客参加型の屋外インスタレーション《暗闇の中の虹》、スペイン・バスクの伝統的なパレードの要素を取り入れたストリート・パフォーマンス《バスクのパレード》、全国から集めた大量のレシートのキャンバスにアイロンやコテの熱で絵を描くライブペインティング《Spin a Memories.》、バンクシーによる初監督作品『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』の野外上映会など、さまざまなプログラムが夜通し行われる。

イベント当日は、近隣の美術館やギャラリーも特別プログラムを開催したり、開館時間も延長されるので、フェス気分で六本木の街中をめぐり、多彩な作品を見て、感じて、触れて、アートな一夜を満喫しよう。

チェ・ジョンファ「フルーツ・ツリー」完成イメージ
カート・ハ゜ーシキー「RedBall Project」(レッドボール・プロジェクト)シカゴでの展示風景(Photo:Kurt Perschke)

「FUROSHIKI TOKYO展」「FUROSHIKI PARIS」での展示風景(撮影:Takuji Shimmura)
バンクシー「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」©2010 Paranoid Pictures Film Company All Rights Reserved.
開催概要
イベント名 六本木アートナイト2019
日時 2019年5月25日(土)10:00 〜 5月26日(日)18:00
開催場所 六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、
国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
入場料 無料(ただし、一部のプログラムおよび美術館企画展は有料)
公式サイト http://www.roppongiartnight.com
問合せ [1] 03-5777-8600 (ハローダイヤル) 年中無休(8:00〜22:00)
[2] 03-6406-6799(2019年5月25日10:00〜5月26日18:00)
2019年5月更新