特別展 天空ノ鉄道物語

全国の鉄道会社が全面協力!六本木上空に大型鉄道展がやってくる

JR7社、東京メトロ、東京都交通局をはじめ、日本各地の鉄道会社が集結するかつてない規模の大型鉄道イベント。森アーツセンターギャラリー、東京シティビュー内のスカイギャラリーと、六本木ヒルズ森タワー52階の全フロアが舞台になる。


全国の鉄道系博物館でも通常は観ることができない蔵出しの展示品を軸に、国鉄時代の駅や改札の再現、歴史を振り返る空間やインスタレーション、ヘッドマークや時刻表、制服も展示し、1964年から2020年のオリンピックイヤーを結ぶ形で鉄道文化の軌跡を紹介。日本独自の鉄道文化ゆかりの「食」「旅」「アニメーション」「ゲーム」「テクノロジー」などもフィーチャーした、子どもから大人まで楽しめる体感型のコンテンツが多数用意されている。

目玉として注目したいのは、海抜250メートルに登場する天空駅。昼はARを介してホームに車両が入線する様子を映像で体感、夜は駅舎の上に大迫力の大型映像が現れ、星空や夜景の中に明かりの灯った鉄道が走り抜ける幻想的な空間を鑑賞できる。また、国鉄からJRに分割民営化された日に各社が付けて運行していた「JR発足」のヘッドマークが、分割民営化後初めて全7社分展示されたり、JR7 社、新幹線5 社の現行制服が一堂に会するなど、鉄道ファン垂涎の展示はこの規模ならでは。さらに、往年の寝台特急「トワイライトエクスプレス」の原寸大レプリカや、明治期に国内で初めて運行した蒸気機関車(SL)「一号機関車」の、段ボールによる原寸大完全再現など、迫力の展示にも期待が高まる。
 「アンパンマン列車」や細田守監督作品「未来のミライ」に登場する“黒い新幹線“の「骸骨座席」の設置や、「プラレール」のジオラマや鉄道各社の車両展示、オリジナル駅弁や駅そばの販売など、家族で楽しめるコンテンツも多数。

東京オリンピックを目前に控えた東京の上空で、新しい未来の鉄道の姿を堪能しよう。

天空駅:夜(イメージ)
鉄道車両ドア インスタレーション(イメージ)
段ボールSL
JR発足を記念した各社のヘッドマーク

開催概要
展覧会名 特別展 天空ノ鉄道物語
会期 2019年12月3日(火) 〜 2020年3月22日(日)
休館日 会期中無休
時間 10:00〜20:00
※ただし、火曜日は17:00まで
※入館は閉館時間の45分前まで
会場 森アーツセンターギャラリー&スカイギャラリー
港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 52階
観覧料 一般 2,500円、高大生 1,500円、4歳〜中学生 1,000円
公式サイト https://www.tentetsuten.com/
問合せ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
2019年11月更新