都内アンテナショップで出会える!THEふるさとの美食

都内に軒を連ねるアンテナショップ系レストランは、リーズナブルにご当地テイストを楽しめる穴場。伝統の郷土食からネオ郷土グルメまで、“ふるさとの美食”を一堂に集めました。

山梨県
梨北信玄米を使用した本日のリゾット 山梨県産の食材とワイン Y-wine

梨北信玄米を使用した本日のリゾット

梨北信玄米を使用した本日のリゾット 税込780〜980円
(ミニサラダ、おかわり可能なコーヒー、または紅茶付き)
※写真は、甲州富士桜ポーク 肩ロース肉のグリエ、梨北信玄米リゾット、ミニサラダ、紅茶

東京駅八重洲口や日本橋駅から徒歩数分。山梨県アンテナショップ「富士の国やまなし館」と同じビルの2Fにある「Y-wine」。気軽に山梨県産の食材とワインが楽しめるイタリアンレストランだ。

ランチは日替わりで、主菜の異なるリゾット3種ならびに、オイル、トマト、クリームなど異なるタイプのソースで3種類。主菜はイタリアン風卵焼き、銘柄肉のソテーやグリルなど多彩なラインナップで、ほぼ毎日訪れる熱心なファンも。大盛りや中盛りが無料、ホットコーヒーか紅茶はおかわり可能とサービスも充実している。
 今回は豚肩肉のグリエが入ったリゾットをチョイス。特別栽培米“梨北信玄米”を使ってしっかり粒を感じる味わいで炊かれ、クリーミーでコクがある。豚肉は柔らかくしっとりしていて、リゾットと併せるとより濃厚に。バルサミコの酸味が良いアクセントになっている。

食材は農家から直送しているものも。ワインの搾り粕を飼料にした甲州ワインビーフ、山梨の銘柄肉である甲州富士桜ポークや甲州頬落鳥(ほおとしどり)、ニジマス、ヤマメなどのほか、山国らしく鹿肉も扱う。野菜も、UFOの形をしたズッキーニ、美しい切り口のオクラ「ダビデの星」、白ナスといった珍しいものを積極的に利用。食で山梨を旅するような気分になれる。


ソムリエワインチーズ盛り合わせ店内
  1. ワインで知られた山梨らしく、取り扱うワインは100%県産で約150種類。3,000円台のカジュアルなものから数万円クラスまでそろうのはさすが。どの時間帯でもソムリエが常駐しているので、気軽に相談してみたい
  2. グラスワインでも150mlとたっぷり注がれて飲みごたえあり。ランチが赤、白、ロゼの3種類、ディナーはスパークリング、デザートタイプが加わって約10種類を展開。ランチは、税込200円(100ml)でかなりお得に楽しめる。土曜日は注文する人が多い
  3. アラカルトの注文ができないランチタイムでも「チーズの盛り合わせ」だけは可能。山梨県小淵沢で製造されたカマンベール、チェダー、ゴーダ、プロポローネ、淡雪、ブルーの6種類で税込1800円。ハーフは好みの3種類を選んで税込900円
  4. 木が組まれたログハウス風の内装は、ウッディーで温かみがある。イスも丸太を使ったもの。これらの木材も全て山梨産なのだとか。1Fのアンテナショップのイベント会場になったり、田崎真也氏のワインセミナーが開かれることもある
地元愛が強く、負けず嫌い

盆地で他県との交流が少なかった歴史があり、結束力が強くて山梨LOVEな人が多数。保守的ながら義理人情に厚く、地域での行事やイベントも良く行われます。冠婚葬祭も派手で数百人規模で盛大に挙行。また、かつて全国で成功を収めた甲州商人の精神が今も続き、金銭感覚が鋭く、独立心の強い頑張り屋が多いです。富士山への思い入れは人一倍熱く、武田信玄も地元の英雄として広く親しまれています。


    山梨県産の食材とワイン Y-wine
  • 中央区日本橋2-3-4 日本橋プラザビル2F [MAP]
  • 03-3527-9185
  • ランチ
    月〜土
    11:30〜16:00
    ディナー
    月〜金
    17:00〜22:00
    17:00〜21:30
  • 定休日 日祝、夏季、年末年始、ビル設備点検日
  • webサイト
山梨県産の食材とワイン Y-wine
2015年8月取材/2015年10月更新