都内アンテナショップで出会える!THEふるさとの美食

都内に軒を連ねるアンテナショップ系レストランは、リーズナブルにご当地テイストを楽しめる穴場。伝統の郷土食からネオ郷土グルメまで、“ふるさとの美食”を一堂に集めました。

長野県
今月のワンプレート 銀座NAGANO

今月のワンプレート

今月のワンプレート 税込700円
※写真は、2015年11月のメニューで黒豚ソーセージと信州野菜のポトフ、たかきびパン

銀座4丁目の交差点から数寄屋橋方面へ1本路地を入った所に立つ、長野県のアンテナショップ「銀座NAGANO」。黒を基調としたスタイリッシュな内装デザインで、ポスターなどが貼られた他県のアンテナショップとは異なる雰囲気。1Fが県産食材、ご当地グルメなどを扱うショップになっており、入口近くには、イートイン“旬の信州味わいコーナー”が設けられ、郷土食をアレンジした料理や季節の野菜を使ったワンプレートが好評だ。

プレートは月替わりで、季節の野菜はもちろん、余り流通していない地場野菜、信州産畜産物を必ず使っているのが特徴。かつおだしのスープに浸した“スープおやき”、五平餅、笹寿司といった郷土料理そのもの、蕎麦をつかったガレットやパスタ、寒天麺を使ったサラダ麺や小布施栗を使ったおこわなど、特産品を生かした料理を目当てに毎月訪れるOLもいるとか。基本的にショップで扱っている食材を使っているため、家でもチャレンジできる点も嬉しい。

取材日は、りんごチップでスモークした無添加の黒豚ソーセージと野菜を、えのき氷の塩麹で煮込んだポトフ。江戸時代から長野市の東部にある綿内地区で作られ、現在では生産者減少により幻の野菜と言われるレンコンは、カットも大ぶりで歯ごたえも楽しめそう。銀座散策の途中で長野の食をサクッとつまむのも悪くない!?


ピノ・ノワール店内イベントスペース
  1. イートインでは、日替わりで並ぶワインや日本酒を税込500円から楽しめる。3種選べるテイスティングセットやおつまみ3種セットも用意。写真は、東御市のワイナリー「リュードヴァン」のピノ・ノワール
  2. 1Fは、イートインコーナーを中央に、右側がジャムやドレッシングといった洋の食材、左側が和の食材で陳列。和の方は米、味噌、佃煮、お茶などが朝餉、昼餉、茶事、夕餉に区分けされて並べられており、イメージがわきやすい。イナゴや蜂の子の缶詰などもある
  3. 2Fは観光インフォメーションセンター、丸山珈琲のカフェコーナー、イベントスペース。ほぼ毎日開かれるイベントの中には、オープンキッチンを使って蕎麦打ちやりんごを使ったスイーツ作りなども

理屈っぽく議論好きな頑固者

議論好きでまずは話し合いから。真面目さも後押しし、物事を決めるのに時間がかかりがちです。長野、松本、諏訪などの北信や中信と、木曽、伊那の南信とでは気質が異なり、雪深い北信と寒さが厳しい中信は口調がきつく、気候が穏やかな南信はおっとりしていると言われています。県歌『信濃の国』は県民ならほぼ誰でも歌え、送別会や同窓会では欠かせません。蕎麦と味噌は広く親しまれ、県庁には“そば部”もあるほど。生産量日本一の胡桃を使った蕎麦もあります。

コレ1つでふるさとの味!
優秀ご当地調味料
有機くるみのたれ
有機くるみのたれ

健康食品として注目されている胡桃の万能たれ。粗く砕いた有機くるみと有機醤油をベースに有機の砂糖と黒糖で調味。和え物や冷奴にかけたり、寄せ鍋や蕎麦などのつけだれにしたりと、多様な料理に使える。

180ml 税込648円/株式会社ビオカ


    銀座NAGANO〜しあわせ信州シェアスペース〜
  • 中央区銀座5-6-5 NOCOビル 1・2・4F [MAP]
  • 03-6274-6015(代表)
  • 10:30〜20:00(1・2F)
  • 定休日 年末年始
  • webサイト
銀座NAGANO
2015年11月取材/2015年11月更新