通のおもたせ
和菓子 洋菓子 惣菜 酒・茶・その他 通のおもたせ
港区の達人が教える“喜ばれる”手土産、贈り物などセンスがキラリと光る逸品をeHills Clubがセレクトしてご紹介!
オリジナルブレンド エクストラ・ファンシー
オリジナルブレンド
エクストラ・ファンシー 200g 税込1,000円
※賞味期限 焙煎日から豆で約1週間、粉で約3日間
「松屋珈琲店」のコーヒー豆

神谷町駅から虎の門方面へ徒歩3分。路地裏にある「松屋珈琲店」は、1918(大正7)年に創業し、4代にわたってコーヒー豆の卸と小売を行う老舗焙煎店だ。

店頭には13種類の商品パネルとドリップパックが並ぶ。実際の豆はバックヤードに保管されており、受注後に包装。待つ間、客はサービスのコーヒーを楽しめる。
 「豆の個性に合わせて焙煎濃度を調整。鮮度良く感性を刺激するコーヒー作りを心掛けています」と話す、4代目店主の畔柳一夫氏。劣化による酸味を豆の味と勘違いしている客も多く、テイクアウトで飲んで本来の味を知る人も。
 「エクストラ・ファンシー」は、通常3種類ほどの所を6種類の豆を使った人気のブレンド。芳醇で酸味がありつつ、後から苦みも少し現れるバランスの良さが魅力だ。「ブラジル アマレロブルボン ボンジャルディン農園」は、畔柳氏が現地を訪問してパートナーシップ契約を行った一押しの豆。酸味が少なく最初は苦み、後からほのかな甘味も感じられ、ミルクに合わせても美味しい。

2種類の豆の加工法、3種類の焙煎方式を組み合わせて生まれるコーヒーの味は幾通りにも。特徴を的確につかむプロの技で、改めてコーヒーとじっくり向き合ってみては?



店長の畔柳氏/店内/オリジナル焙煎機
1 4代目店長の畔柳一夫氏。テイクアウトは、多いときで1日200人にも。個性が光る日替わりコーヒーのほか、女性に人気の乳脂肪分20%の生クリームと牛乳をブレンドしたオリジナルラテも用意。ドリップパックは1袋税込100円で販売
2 店内左側のイートインは全7席。木造に格子の引き戸がレトロで温かみがある。奥様が主催するアイシングクッキーの教室が開かれることも
3 1900年代にアメリカのコーヒー業界を牽引したバーンズ社の焙煎機を研究し、初代が東京産機工業の高瀬氏と共に開発した半熱風式のオリジナル焙煎機。今も現役で活躍

松屋珈琲店(神谷町)

  • 港区虎ノ門3-8-16
  • 03-3431-1380
  • 8:30〜17:30
  • 定休日 土日祝
  • webサイト
店舗外観

2015年12月取材/2016年1月更新