通のおもたせ
和菓子 洋菓子 惣菜 酒・茶・その他 通のおもたせ
港区の達人が教える“喜ばれる”手土産、贈り物などセンスがキラリと光る逸品をeHills Clubがセレクトしてご紹介!
レモンパイ
レモンパイ 1カット 税込572円
1ホール(21cm) 税込4,400円
※消費期限 当日中
The Okura Tokyo デリカテッセン「シェフズガーデン」のレモンパイ

虎ノ門の坂上に立つ名門ホテル、The Okura Tokyo 。格式あるホテルの味を手土産にするなら、創業時から販売され、代を重ねてのファンも多い“レモンパイ”で決まり。

ホールサイズは、まさに大輪の花。色の対比も美しく、食べればはっきりした食感のあるメレンゲと口当たりの良いレモンカードが混じり合い、甘酸っぱさが喉を抜けていく。塩気のあるパイ生地は、甘味に深みをプラス。
 約60年前、限られた材料を使って最高の味を目指し開発されたレモンパイ。入社1年目からトライしても1人前になるのに約10年はかかるほど、技術を要する。前日までに焼き上げるパイ生地の土台は、粉の配合から焼成までなんと3日がかり。レモンカードはクリームが二度目に引き締まる直前までじっくり炊く。メレンゲは形が崩れないよう120℃のシロップを白身の中に入れて泡立てる。材料すべてに火が入るので常温でも保存可能。むしろ冷蔵庫に入れない方がサクサク感をキープするとか。

ショーケースには、カットだけでなくホールサイズも用意されている。部署単位のお祝いなどにも活用できそうな華やかなケーキだ。



(左から)チョコレートパイ、アップルパイ、ショートケーキ/中村シェフ
1 スポンジのきめ細かさが秀逸なショートケーキ(税込550円)、たっぷりのりんごを丁寧に煮詰めたアップルパイ(税込660円)、ココアをじっくり炊き上げてカカオの深みを出したチョコレートパイ(税込572円)。約7割が昔からある定番商品というから驚き。1カットから予約・取り置き可能で、会社帰りに買い求めるワーカーの姿も
2 製菓課課長の中村和史シェフ。「仕事にはある程度のプレッシャーが必要」と話す中村氏は約30年にわたり、看板商品のレモンパイを作り続けてきた。どのスイーツでも大胆な火の使い方が肝になるという

The Okura Tokyo
デリカテッセン シェフズガーデン
(Chef’s Garden)

  • 港区虎ノ門2-10-4
    The Okura Tokyo
    オークラ プレステージタワー5F
  • 03-3505-6072
  • 6:30〜22:00
  • 無休
  • webサイト
店内

2016年4月取材/2019年12月更新