通のおもたせ
和菓子 洋菓子 惣菜 酒・茶・その他 通のおもたせ
港区の達人が教える“喜ばれる”手土産、贈り物などセンスがキラリと光る逸品をeHills Clubがセレクトしてご紹介!

「柏屋せんべい」の煎餅・おかき

(時計回りに)揚げおかき、品川巻、柿の種、げんこつ、梅ザラメ、胡麻丸

梅ザラメ 1枚 80円
胡麻丸 1枚 80円
げんこつ 1袋 300円
揚げおかき 1袋 300円
柿の種 1袋 300円
品川巻 1袋 500円
※季節や保管方法によって変わるが、基本的に1〜2カ月は賞味可能
※写真は、時計回りに揚げおかき、品川巻、柿の種、げんこつ、梅ザラメ、胡麻丸
※価格はすべて税込

秋葉原駅から昭和通りを越えて徒歩数分、神田川の手前の路地にある「柏屋せんべい」。1919(大正8)年創業の老舗で、現在は、2代目の中村育稔(いくとし)氏が店を切り盛りする。今では希少な昔ながらの民家にガラスの引戸が味わい深く、外観も一見の価値あり。
 客層は年配者中心だが、ワーカーや外国人観光客がふらりと立ち寄り、1〜2種類を買っていくことも多い。目当ての品を求めて遠方から通う常連もいるとか。ガラス越しに通りからも店内がよく見え、入りやすい雰囲気。
 ガラスのショーケースには、オーソドックスな丸い煎餅、棒状のおかき、コロコロしたあられなど、約35種類が並ぶ。ショーケースの上には昔ながらの計りも置かれている。どの商品も一定量で袋詰めされており、ほとんどの商品が300円、品川巻など一部が500円と明朗会計。贈答用の箱入りは、1,700〜5,000円まで用意。詰め合わせる煎餅やおかきの種類は日によって変わるが、好みの商品に箱代(200円〜)を追加すれば、オリジナルの詰め合わせも用意できる。個包装のものを中心に選んで詰めれば、大きなオフィスへの手土産にも良さそうだ。ビジネス利用では、2,000〜3,000円の詰め合わせがよく出るという。

店主の中村氏2代目店主の中村育稔(いくとし)氏。
50年以上、煎餅を作り続けてきたベテラン。ここで修業して独立した人もいたという

初代が長野県から上京し、7年修業した後に開業したのが1919(大正8)年。以来、戦時中に一時中断するものの、中村氏に代が変わっても煎餅を作り続けてきた。
 煎餅はうるち米、あられとおかきは餅米と原料が違い、作り方も当然異なる。うるち米を粉にして、水で練って、蒸し、丸く型抜きして、干した後、焼くのが煎餅。餅米をついて餅にしてから、型に入れて冷蔵庫で固め、サイズに合わせてカットし、干してから焼く、または揚げるのが、あられとおかき。「昔は今みたいな機器がそろっていないから、カンナや包丁を使ってカットしたんだけど、当然冷えた餅は固いから手が豆だらけになったよ。干すのも天日干しだから、おかきの厚さと大きさで干す日数も変えたりしてね…」と、中村氏は当時の様子を振り返る。焼いた煎餅やおかきにつけるタレが肝で、店ごとに試行錯誤をしてオリジナルの味を作っていくのだという。同店では、初代が考案した味を受け継ぎ、継ぎ足して使っている。

ショーケースガラス越しに色々な煎餅やおかきが並ぶ。一つでしっかり満足感がほしい時は厚みのある物を、テレビを見ながらポリポリとつまむなら、小粒のようなあられがオススメ

人気は、げんこつ、揚げおかき、のり巻、品川巻、柿の種、梅ザラメなど。焼いたソフト煎餅にサラダ油を塗り、エビやワサビなどのパウダーをまぶして味のバリエーションをつけたサラダ煎餅の中では、メンタイ七味、エビ、カレー、チーズなどがよく出る。特に、若い人や外国人に好評だとか。
 袋は圧着しておらず、リボンで結ばれていて、見た目が可愛らしい。その理由を中村氏は、「袋の開け閉めが楽にできて、いくつか食べて残りをしまえるように、リボン掛けにしているんだ。一つひとつリボン掛けていくのは手間だけど、この方がお客さんは便利だからね」と話す。

店内リボン掛けが何ともかわいい。小袋といっても何人かで分けても十分な量だ。
リボンは一般的な蝶々結びではなく、固く縛った先を丸く結ったもの

実際にあれこれ食べてみる。げんこつは名前から想像できる厚い堅焼き。しかし、力を入れて割った後は、ふわっとしたもち米の旨味がしっかり感じられる。ほんのり甘めの醤油タレともマッチしていて美味しい。揚げおかきは油を使ったコク、ザクザクの食感、口どけの軽さがいい。胡麻丸は、ゴマの風味が口中に広がって香ばしい。梅ザラメは、ザラメ煎餅に乾燥梅を砕いたものがかかっているので、濃厚な甘味の中に酸味がきらりと光る。柿の種は、これを目当てに買いに来る人も納得の後を引く辛さ。最初は醤油タレの味しかしないのに、嚥下後にじわじわと辛さが登ってくる。厚みがある分、固くて歯ごたえが楽しめるのもいい。品川巻はしっかりした海苔とのコンビネーションが見事。これよりも大きいおかきに海苔を巻いた「のり巻」という種類では、品川巻で使っている海苔とは別のものを使い、おかきの味わいに合わせて使い分けている。
 関東の煎餅は得てして醤油味が濃いものが多いが、同店のものはどれもほどほどで食べやすい。軽い食感なので、気が付くといくつも食べ進めてしまっている。しっかり乾燥させてから焼いているためか、夏場でも袋のリボンをしっかり締めれば、湿気ることは少ないのも嬉しい。日常のお茶菓子にも、詰め合わせて贈り物にもどちらにも活躍しそうな万能選手。秋葉原へ出かける際にはぜひ立ち寄ってみたい。

柏屋せんべい
店舗外観
千代田区神田平河町1 [MAP]
03-3866-7482
8:30〜19:30
定休日 土日祝、年末年始
2018年2月取材/2018年3月更新