土用の丑とうなぎのルーツを探る!鰻の話と味処

鰻の話 | 上ひつまぶし | うな重 | 信長丼 | お櫃うなぎ茶漬け | 鰻の蒸し寿司
*掲載メニューの取り扱い終了、および移転しています。
 (移転先:港区赤坂5-4-13)
鰻寿司でさっぱりと夏を乗り切る!老舗の「バラ寿司」と「蒸し寿司」/赤坂 宮川(赤坂)
鰻のバラ寿司/鰻の蒸し寿司
鰻のバラ寿司1,370円(お吸い物、お新香付き) ☆昼は女性限定。「鰻のバラ寿司セット」1,260円(小鉢、お吸い物、お新香、デザート付き)
鰻の蒸し寿司1,680円(きも吸、お新香付き)

老舗の伝統を受け継ぎながら、一方で、日々、鰻のオリジナルメニューの開発に余念がない『赤坂 宮川』。コンセプトは、若い世代や女性にも親しんでもらえるよう、“鰻+アルファ”のバランスメニュー。

中でも、ロングヒットのオリジナル、「鰻のバラ寿司」と「鰻の蒸し寿司」は、旬野菜や海の幸などを彩り良く盛り込んだ、女性に一押しの夏バテ対策メニュー。辛口の秘伝タレで三度焼きした、浜名湖産鰻の繊細な味わいを損なわぬよう、酢飯は使わず、白米に甘酢漬けの生姜の柔らかな酸味を混ぜながらいただく趣向。どちらも出前不可のメニューなので、店で出来立てをどうぞ!

華やかな「鰻のバラ寿司」(画像手前)は、白米の上に、海苔、干瓢、錦糸玉子、甘酢の生姜、キュウリ、鰻の蒲焼と、仕上げにイクラも載せてゴージャスに!昼は女性限定のセットのみで登場。単品での持ち帰りもできるので、おもたせとしても重宝しそうだ。

蒸し立てアツアツを蒸篭でいただく「鰻の蒸し寿司」は、堅めに炊いた白米&もち米に、トッピングの具材の旨みと鰻から染み出した脂、煮詰めたタレのコクがあいまって、後を引く。出来上がりまで20〜30分掛かるので、多少時間に余裕を持って来店を。

活きのいい鰻がひしめく桶の中から、一匹をぐっと掴み上げたら、ものの数秒!見事な手さばきで、あっという間にさばいていく
30有余年継ぎ足してきた秘伝のタレは、江戸風の辛口。タレにくぐらせては焼く作業を三度繰り返す
お土産にも重宝する「鰻のバラ寿司」の持ち帰り用1,050円。多数注文の場合は、事前予約が必要

赤坂 宮川(赤坂)

赤坂 宮川(赤坂)

  • ※移転先
    港区赤坂5-4-13
    ホワイト赤坂ビル1F [MAP]
  • 03-3583-3136
  • 月〜金
    11:30〜14:30(L.O.)
    17:00〜21:30(L.O.)
    11:30〜14:30(L.O.)
    17:00〜20:30(L.O.)
  • 定休日 日祝
  • 出前あり
  • 千代田線「赤坂駅」徒歩1分
店内
テーブル席とカウンター席のほか、座敷の個室が1室。落ち着いた店内は、女性一人でも安心して寛げる。
2005年6月取材/2009年2月更新