HILLS PHOTO NEWS


荒木経惟 「写狂老人A 17.5.25で77齢 後期高齢写」

荒木経惟 「写狂老人A 17.5.25で77齢 後期高齢写」
タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム(六本木5-17-1 AXISビル2F)

2017/5/25(木)
77歳の誕生日を迎える5月25日にスタートした、タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムでの恒例のバースデー個展。これまでも自身の加齢を肯定的にとらえ、降りかかる病を撮影のエネルギーに変えてきた荒木。今展でも、新作「写狂老人A 17.5.25で77齢 後期高齢写」シリーズより、カラー作品約116点、モノクローム作品約720点、合計約836点もの膨大な新作を発表した。絵巻のように壁一面にズラリと並ぶ作品からは、熟成されたエロスとピタリと寄り添う死の気配が、時に鮮烈に、時に静かに語りかけてくる。「若いヤツより老人のほうが魅力があって当然」と語る荒木の濃厚な一年を、ぜひギャラリーで体感してほしい。会期は7月1日(土)まで。日月祝休。時間は11:00〜19:00。