HILLS PHOTO NEWS


世界的ギャラリーPERROTINオープン!

世界的ギャラリーPERROTINオープン!
ペロタン東京(六本木6-6-9 ピラミデ1F)

2017/6/7(水)
フランスの現代美術ギャラリー「PERROTIN」が、パリ、香港、ニューヨーク、ソウルに続き日本初となるスペースを六本木にオープン。村上隆、KAWS、マウリツィオ・カテラン等世界的に著名なアーティストが多数所属しており、今後の日本の現代アートシーンを、さらに盛り上げてくれる要のギャラリーになりそうだ。そんな「ペロタン東京」のオープニングを飾るのは、“黒の画家”と称される現代抽象画の巨匠ピエール・スーラージュ(97歳)。存命するフランス人画家として最も著名なアーティストであり、日本へ特別な想いを持つスーラージュは、「日本で個展をするなら」とオファーを快諾したという。一見静寂な黒一色の画面に刻まれた溝や厚み、そして質感の違いにより驚くほど官能的な光をたたえる作品は、それ自体が雄弁に黒の領域を主張してくる。過激なまでに抽象的と言われる黒の世界は必見だ。写真は「日本でギャラリーをオープンする事が夢だった」と語る代表のエマニュエル・ペロタン氏。ギャラリーは6月7日オープン。展覧会の会期は8月19日(土)まで。日月祝休。時間は11:00〜19:00。