HILLS PHOTO NEWS


DOMANI・明日展 PLUS×日比谷図書文化館 Artists meet Books 本という樹、図書館という森

DOMANI・明日展 PLUS×日比谷図書文化館 Artists meet Books 本という樹、図書館という森

日比谷図書文化館(千代田区日比谷公園1-4)

2017/12/21(木)  文化庁が若手芸術家の海外研修を支援し、その成果をグループ展として発表する「DOMANI・明日展」。その規模を限定しテーマを決めて展開される企画「DOMANI・明日展 PLUS」が、今年は日比谷図書文化館で開催中だ。

 在外研修作家6名(若林奮、小林孝亘、寺崎百合子、宮永愛子、折笠良、蓮沼昌宏)と、ゲスト作家の藤本由紀夫による「本」をテーマにした企画展で、絵画、インスタレーション、アニメーションなど様々なジャンルの作品を通して、読書を楽しむようにアートに出会う、また、アートを通して本に出会う体験ができる。
 出展作家それぞれの読書・本にまつわる体験に基づいた作品はもちろん、作家が選んだ本も同時に展示され、一部は貸出も可能だ。

 また、ぜひ訪れてほしいのは、ゲスト作家・藤本由紀夫の作品が展開する3階の図書フロア。本棚の間や外の景色を見渡す読書スペースに、文字だけじゃない“読書”の提案や遊び心がさりげなく配されており、宝探しのような感覚で探すのが面白い。例えば、一冊の本を楽器にみたて、めくる音や手触りを“読書”する「TURN OVER/L」や、閉じている時と開いている時で意味の変わる本「BOOK(AWAY&A WAY)」など、普段の図書館では味わえない本とアートの相互体験を楽しんでみては。

会期は2018年2月18日(日)まで。12月29日〜1月3日、1月15日休。時間は10:00〜20:00(土曜は19:00まで、日祝・12月28日は17:00まで)。