HILLS PHOTO NEWS


建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの

建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの
森美術館

2018/4/24(火)
 古代からの伝統や風土を内包し、他に類をみない独創的な建築文化を築いてきた日本。その“日本建築”の本質を、100のプロジェクトと400を超える展示で紐解く企画展が4月25日より開幕。

 会場は9つのセクションで構成されており、木造文化の技と思想、内外を明確に区切らない連なる空間、工芸の集積としての建築など、日本建築の“遺伝子”として現代に引き継がれる要素を紹介する。

 会場入口では、木のめり込み作用のみで成り立つ、北川原温(きたがわらあつし)の立体木格子が、天井まで届く大迫力でお出迎え。さらに、現存する日本最古の茶室である国宝《待庵》を、釘一本から手作りした原寸再現(入室体験可)、丹下健三(たんげけんぞう)の《自邸》を1/3スケールで再現した巨大模型、最新の3D技術を駆使した映像インスタレーション、そして木造超高層ビルの計画案など、日本建築の過去から現在、未来をも照らし出す挑戦の数々が鑑賞できる。

会期は9月17日(月・祝)まで。時間は10:00〜22:00。