HILLS PHOTO NEWS


六本木アートナイト2018 プレスプレビュー

六本木アートナイト2018 プレスプレビュー
六本木ヒルズ アリーナ

2018/5/24(木)
 六本木の街を舞台にした一夜限りのアートの饗宴「六本木アートナイト」が5月26日より開催。

 今年は初めて、主要会場ごとに3人のメインアーティストを配置。六本木ヒルズアリーナでは、金氏徹平(かねうじてっぺい)によるハイブリッドなコラージュ彫刻を使ったパフォーマンス、国立新美術館では、鬼頭健吾(きとうけんご)によるカラフルな布の滝と5000個の手鏡の光のインスタレーション、そして東京ミッドタウンでは、宇治野宗輝(うじの)の、カラーコーンと車と建築が一体となった動く彫刻が展示される。

 他にも、追加プログラムとして、写真にも写っている5mもの光る巨人「DUNDU(ドゥンドゥ)」の幻想的なパフォーマンスや、オノ・ヨーコが描いた文字「夢」の巨大バナー展示など、盛りだくさんの内容となっている。

 プレスプレビューでは、3人のメインアーティストに加え、大のアート好きだというスペシャルゲストの片瀬那奈さん、光る巨人DUNDUが登場した。

期間は5月26日(土)10:00〜5月27日(日)18:00。コアタイムは26日(土)18:00〜27日(日) 6:00。