HILLS PHOTO NEWS


AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展

AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展
21_21 DESIGN SIGHT(赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン)

2018/6/28(木)
 音楽を構造物(アーキテクチャ)と捉え、その音色や音域、音量、リズムといった様々な要素を、聴覚+αの方法で体感する企画展「AUDIO ARCHITECTURE」が、6月29日より開幕。

 具体的には、ミュージシャンの小山田圭吾(Cornelius)が本展のために書き下ろした楽曲を、気鋭の作家9組がそれぞれの視点で解釈し映像作品を制作するというもので、空間全体が音楽を軸に連動していく“音楽建築空間”となっている。

 ギャラリー2をフルに使った巨大なスクリーンには、各作家の映像が順番に映し出される。音楽をミミズのようだと解釈し、“踊る内臓”のイメージで表現した「オンガクミミズ」、小山田の楽曲の歌詞に注目し、その歌詞に対応したエフェクトがかかる「JIDO-RHYTHM」など、流れる音楽は一緒でも、映像が切り替わる度に全く違う世界に連れて行かれるような不思議な感覚に陥る。

 自身の中に音の感触や感覚が立体的に生まれる、聴覚だけに頼らない音楽を体験してみては。

会期は6月29日(金)〜10月14日(日)。火曜休。時間は10:00〜19:00。