HILLS PHOTO NEWS


色彩の聖域 エルンスト・ハース ザ・クリエイション

色彩の聖域 エルンスト・ハース ザ・クリエイション
フジフイルム スクエア(赤坂9-7-3 東京ミッドタウン1F)

2019/3/4(月)
 1950年代にカラー写真の表現を切り拓き「色彩の魔術師」と呼ばれた写真家エルンスト・ハースの写真展が、フジフイルム スクエアの写真歴史博物館で開催中。

 当時のカラーフィルムは、感度が極めて低く表現の自由度に欠けるものだったが、何度も実験を重ねその特性を見出したハースは、魔法のような色彩あふれる写真を映し出し、世界中の写真家に感動と希望を与えた。1962年には、ニューヨーク近代美術館で最初のカラー写真による個展を開催した事からも、ハースがいかに先駆者として重要視されていたかが分かる。

 本展は、キリスト教の旧約聖書「創世記」の冒頭に描かれる「天地創造」をテーマにした写真集「ザ・クリエイション」より、厳選された21点を展示。地球の誕生から四季の到来、生物の出現といった壮大な物語を美しくダイナミックにうたい上げた名作だ。また、今回の作品には、現在ではほとんど使われないプリント技術「ダイトランスファープリント」が用いられており、紙の質感や豊かな諧調表現などを間近で観察するのもオススメだ。

会期は5月31日(金)まで。会期中無休。時間は10:00〜19:00。