HILLS PHOTO NEWS


夏休み特別イベント【生物がつくる形のふしぎ】 写真展「放散虫」〜小さな ふしぎな 生き物の 形〜

夏休み特別イベント【生物がつくる形のふしぎ】 写真展「放散虫」〜小さな ふしぎな 生き物の 形〜
フジフイルム スクエア(赤坂9-7-3 東京ミッドタウン1F)

2019/8/9(金)
 海に浮かぶプランクトンの一種「放散虫」に着目した、夏休みの特別写真展がスタート。

 全長は最大でも数ミリほどと小さい単細胞の原生生物だが、複雑で美しいガラス質の「骨格」を持つのが特徴で、5億年前のカンブリア紀に誕生してから現在まで、生物群のほとんどが姿を消す大量絶滅を5度経験しながらも、生き残った強者だ。面白いのはその骨格の多様性。基準となる構造というのがなく、角が生えたようなものから、巻貝のような形をしたものまでその形は千差万別。
 本展では、電子顕微鏡で撮影された、1億4000万年前の白亜紀最初期の化石の、美しい拡大写真が展示される。また、実際に電子顕微鏡でその姿を観察したり、研究者から見ても正確な模型に触れたり、クイズにチャレンジしたりと、ハンズオンの体験も多数用意されている。

 会場では、世界初の放散虫写真絵本「ほうさんちゅう ちいさな ふしぎな 生きものの かたち」も購入可能。

【会期】8月9日(金)〜8月22日(木) 【休館日】会期中無休 【時間】10:00〜19:00(最終日は16:00まで)