HILLS PHOTO NEWS


菅 木志雄 展

菅 木志雄 展
ROPPONGI HILLS A/D GALLERY

2013/10/23(水)
欧米でも再評価の高まる「もの派」(1960年代末から1970年代中期に行われた一連の芸術動向。石や木などの自然素材、紙や鉄などの中間素材を未加工に近い状態で提示し、主体と客体のわけ隔てから自由に“もの”との関係を探ろうと試みた。)の代表作家のひとりとして当時から作品制作を続けている菅木志雄の個展が開催中。森美術館『六本木クロッシング アウト・オブ・ダウト展』に出品中の作品に連なる立体から版画までの約40点を展示している。どの作品も加工が最小限に抑えられつつインパクトがあり興味深い。会期は11月17日(日)までの12:00から20:00。