東洋の美を伝える南青山の新文化拠点

根津美術館

根津美術館正門からのアプローチ。表参道からみゆき通りを歩いてきた来館者は、美術館の前面を覆う緑鮮やかな竹林の風景にまず驚く
(C) 藤塚光政
(C) FUJITSUKA Mitsumasa

3年半に及ぶ改築を経て、2009年10月に新装開館。東武鉄道をはじめ、関東で多くの鉄道を経営したことから“鉄道王”と呼ばれ、東京電力や日清製粉などの経営にもかかわった根津財閥の創始者・初代根津嘉一郎により1941年に創立された美術館が、建築家・隈研吾により、伝統と現代性を融合させた静寂な美の空間に生まれ変わった。

展示面積は改装前の約1.6倍に広がり、各展示室では企画展示を筆頭に、書画、彫刻、青銅器、工芸、茶道具等、根津氏の収集による多岐ジャンルに渡る東洋古美術品の、そのひとつひとつを、約8万個のLEDライトを駆使して美しく展示。オリジナルグッズを取り揃えたミュージアムショップは2倍の広さになり、また、池に臨んで4つの茶室がたたずむ緑豊かな庭園内にはカフェもオープン。ハイセンスな都市空間の中で、美術と自然に身をゆだねてくつろげる。


那智滝図

《那智滝図(なちのたきず)》
【国宝】
日本・鎌倉時代
絹本着色

双羊尊

《双羊尊(そうようそん)》
【重要文化財】
中国・殷時代
青銅

御所丸茶碗

《御所丸茶碗(ごしょまるちゃわん)》
韓国・朝鮮時代


根津美術館(南青山)

  • 港区南青山6-5-1
  • 03-3400-2536
  • 料金(税込):
    特別展/一般1,200円、高大生1,000円
    平常展/一般1,000円、高大生800円
  • 10:00〜17:00(最終入館は閉館30分前まで)
  • 休館:月曜日(休日の場合、翌火曜)、展示替期間、年末年始
  • 銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道駅」徒歩8分
  • webサイト
2014年4月更新