007/慰めの報酬 試写会日記 毎週、熱田美希から映画ファンの皆さんへ熱いメッセージ!傑作でも愚作でも、映画ってやっぱり素敵!!
007/慰めの報酬

©Quantum of Solace 2008 Danjaq, LLC, United Artists Corporation,
Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.
亡くした恋人の復讐のため闇組織を追うボンド
フォースター監督×脚本ハギスによって
ドラマ性がさらに深められた007最新作



  前作『007/カジノ・ロワイヤル』から2年。そのエンディングの1時間後から始まる最新作が完成した。心から愛した恋人を亡くし、復讐に燃える新米“00(ダブルオー)”のジェームズ・ボンドは任務を遂行することができるのか。出演は前作で007を襲名した6代目ダニエル・クレイグ、一流モデルから女優へ転身したオルガ・キュリレンコ、大御所のオスカー女優ジュディ・デンチ、演技に定評のあるフランス人俳優のマチュー・アマルリック。監督はヒューマンドラマの作家として知られる『チョコレート』のマーク・フォースター、共同脚本は前作に引き続き『クラッシュ』のポール・ハギス。人気スパイ・アクションシリーズの第22作である。


 闇の組織を追う中、心から愛した女性ヴェスパーを亡くしたボンド。上司Mとともに引き続き組織を探っていくと、その背後に巨大な存在が見えてくる。復讐心から大暴走しかねない新米“00”のボンドに、「どんな場合も決して感情に流されてはならない」とMは釘を刺す。捜査でハイチに飛んだボンドは現地で知り合った美女カミーユを手がかりに、組織の幹部ドミニク・グリーンと接触。慈善団体のCEOを務めるグリーンには、ある陰謀を冷徹に推し進める裏の顔があった。
ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ
 テーマは“復讐”と“過去との決別”。深みのある人間ドラマを描くべく、フォースター監督×脚本ハギスを配した意図がよく伝わってくる。ボンドとカミーユが互いの復讐心によって共鳴し合う展開には説得力がある。ボンドガールとボンドの関係が肉体関係よりも精神的なつながりにあるところが新しい。


 今回が2作目となるクレイグ=ボンドの特徴は、常にクールでエレガントであること。どんなに暴れても乱れても、英国紳士の正統な気品を感じさせるところが心憎い。イギリスでは舞台俳優としてもその実力が高く評価されている彼が、今後もボンドのドラマに深みを与えることに期待が高まる。ボンド役はハマらないとすぐほかの俳優にチェンジしてしまう場合もあるが、クレイグは21世紀タイプの6代目ボンドとして息の長い活躍を見せてくれそうだ。ひたむきなカミーユ役はキュリレンコが、ボンドの元同僚のマティス役は前作に引き続きイタリア出身のジャンカルロ・ジャンニーニが、MI6の女性諜報員はイギリスのフレッシュな新人女優ジェマ・アータートンが好演。クールでいて情に厚い上司Mはデンチが期待通りに、クリーンとダークの2面性をもつ敵役グリーンは、『潜水服は蝶の夢を見る』のアマルリックが独特のニュアンスで表現している。
ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ
 イギリス、パナマ、チリ、イタリア、オーストリア、メキシコと世界を縦横無尽にめぐって展開するハードなアクションの迫力は言わずもがな。4〜5階の建物の屋根から屋根へ飛び移る追跡劇や、6メートル下を猛スピードで走るバスの屋根に窓から飛び移るなどの危険なスタントをクレイグ本人がやり遂げたというから天晴れだ。ボンドのスーツは、グッチやイヴ・サンローランのクリエイティブディレクターを経て自身のブランドを立ち上げたデザイナーのトム・フォード。ボンドガールの2人はプラダのドレスを纏うなど、最新の一流モードも見どころのひとつ。


 さて、本作は単品で満喫できる映画では決してない。前作を2年前に観ただけで本作を観て、すべてのドラマを理解できるとすれば、それはとても記憶力のいい人だろう。そう。本作のみを観ると、なんとなく楽しむ程度で終わってしまう可能性が高い。ボンドの感情の在り処もMの心配も事件の全容もすべてを堪能しつくすには、前回の流れをしっかりと汲んでこそ。公開直前に前作のテレビ放送がある場合はそれを観るもよし、DVDを観るもよし。007シリーズの新境地を打ち出した前作とセットで楽しむ、新生ボンド入魂のエピソード2なのである。
『007/慰めの報酬』 2008年 イギリス、アメリカ合作
データ
2008年12月更新

ダニエル・クレイグ

2009年1月24日公開
サロンパス ルーブル丸の内ほかにて全国ロードショー

■2008年 イギリス、アメリカ合作
■上映時間 1:46
■ソニー・ピクチャーズ
エンタテインメント映画配給
■監督/マーク・フォースター
■脚本/ポール・ハギス
ニール・パーヴィス
ロバート・ウェイド
■出演/ダニエル・クレイグ
オルガ・キュリレンコ
マチュー・アマルリック
ジャンカルロ・ジャンニーニ
ジェフリー・ライト
ジェマ・アータートン
ジュディ・デンチ



プロフィール
 
あつた美希 あつた美希
あつた美希
フリーライター、アロマコーディネーター、クレイセラピスト インストラクター/インタビュー記事、映画コメント、カルチャー全般のレビューなどを執筆。1996年から女性誌を中心に活動し、これまでに取材した人数は600人以上。近年は2015〜2018年に『25ans』にてカルチャーページを、2015〜2019年にフレグランスジャーナル社『アロマトピア』にて“シネマ・アロマ”を、2016〜2018年にプレジデント社『プレジデントウーマン』にてカルチャーページ「大人のスキマ時間」を連載。2018年よりハースト婦人画報社の季刊誌『リシェス』の“LIFESTYLE - NEWS”にてカルチャーを連載中。