eHills Club 試写会日記

毎週、映画ファンの皆さんへ熱いメッセージ! 傑作でもB級でも映画ってやっぱり素敵!!

流浪の月

広瀬すずと松坂桃李を迎え、李相日が話題の小説を映画化
誘拐事件の“被害者”と“加害者”の許されない思いを描く
時には激しく、時には繊細に情感があふれる人間ドラマ

流浪の月©2022「流浪の月」製作委員会

2020年本屋大賞を受賞した凪良ゆうの小説を、『悪人』『怒り』の李相日が脚本・監督を手がけて映画化。出演は、『いのちの停車場』で共演した広瀬すずと松坂桃李、『嘘喰い』の横浜流星、『空に住む』の多部未華子ほか。撮影監督は『パラサイト 半地下の家族』のホン・ギョンピョ、美術は『キル・ビル Vol.1』『三度目の殺人』などの種田陽平、音楽はNODA・MAPの舞台などの原摩利彦が手がける。10歳の少女・更紗は、伯母の家に帰宅したくないことから、19歳の大学生・文の部屋に居ついて一緒に暮らし始めるが……。誘拐事件の“被害女児”と“加害者”となってしまった2人の15年後、それぞれが抱いてきた苦しみ、思いを描く。あふれる情感を時には激しく、時には繊細に、叙情的な映像やノスタルジックな美術と共に繊細に映し出す。観る側の心をさまざまに揺さぶる人間ドラマである。

雨が降り出した夕方の公園で、傘もささずにベンチに座り続ける少女に、青年が傘をさしかける。10歳の家内更紗は伯母の家に帰りたがらず、19歳の大学生・佐伯文は部屋にこのまま居たいという更紗の願いを聞き入れ、そのまま一緒に2か月を過ごす。2人は穏やかな日々を過ごしていたが、ほどなく文は更紗の誘拐罪で逮捕されてしまう。それから15年後。更紗は恋人の中瀬亮と一緒に暮らし、仕事先のファミレスとマンションを往復して毎日を過ごしていた。ある日、更紗が仕事帰りにパート仲間に連れられて立ち寄ったカフェに、マスターとして働く文を見つける。

横浜流星,広瀬すず,ほか

センシティブなテーマを力強く描き出す李監督による最新作。10歳の少女と19歳の青年が過ごした幸せな2か月は、世間にとっては“女児誘拐事件”となり、それから15年後の姿を描く。“傷物にされた被害女児”となった10歳の小学生と、その“加害者であるロリコン大学生”という、それぞれに烙印を背負って生きていること、抱えている思い、本当はどう生きていきたいか、そうした心情が切実に描かれている。もちろん、実際に世の中で起きている幼女誘拐事件や、ストックホルム症候群などのすべてを全面的に肯定するとかそういうことではまったくない。成人後であれば10歳差もそれ以上の年齢差のある恋愛も結婚もそれほど珍しいことではないのに、それが10代であれば大問題になるし、世間が勘繰るようなことが一切なくても誤解されるようなことをしたこと自体が問題となり、またその事実について説明し証明する手立ても言葉も気概ももっていないことは、どうしようもない。やるせなさのなかで煩悶しながらも人を思いやり、自分の生きたい道を選ぶ彼らをどう思うか、それが観る側に投げかけられている。李監督は、本屋大賞をとる少し前に人に勧められて原作を読み、自身が描きたいテーマを見いだしたと語る。「“恋愛”という言葉では括れない濃密で清々しい二人の関係に、ある種の理想形を垣間見ました。そんな関係が本当に存在し得るのか、という疑念と、だからこそあって欲しい、という願い。社会という荒波にさらされても砕けない、確かな純粋性を追求できると感じました」
 原作者の凪良ゆうは、「もともと李監督の映画が好きだった」とのこと。企画書に添えられていた李監督の直筆の手紙に、作者自身が愛着をもつシーンについて書かれていたことから、「これはもう李監督にお願いするしかないと思いました」と、映画化を決定した時のことを語っている。

ファミレスで働く25歳の家内更紗役は広瀬すずが、“誘拐事件の被害女児”として名前が世間に知られ控えめに生きている女性として。2022年4月13日に東京で行われた完成披露試写会にて、広瀬は「李監督の映画は改めて凄いと思いました」と話し、「みんなでお腹のなかのマグマを吐き出しながら作った映画です。一人でも多くの方に届いたら嬉しいです」とコメントした。30代になり隠れ家的なカフェ「calico」のマスターとして働く佐伯文役は松坂桃李が、“女児誘拐事件の犯人・ロリコン大学生”として逮捕後に時を経て、静かに生きている人物として。松坂は役作りを早くから始め、病気かと心配されるほど痩せ細り、珈琲の淹れ方を習い、文が大学時代に住んでいた設定の風呂なしアパートにてひとりでしばらく寝起きするなどしながらも、「これまで演じたなかで最もつかめない人物」だったと話し、前述のイベントで観客へのメッセージをこのように語った。「作品がどう受けとめられるのだろうかという恐怖もある。登場人物の関係性や世界観がどのように皆さんの目に映るのか。怖いですが、しっかりと見ていただきたいという気持ちが大きい」
 強い独占欲と執着心をもつ更紗の現在の恋人・中瀬亮役は横浜流星が、影のある文に寄り添う看護師・谷あゆみ役は多部未華子が、更紗のバイト先の同僚でシングルマザーの安西役は趣里が、バイト先の心優しい店長・湯村役は三浦貴大が、10歳の時の更紗役は白鳥玉季が、安西の娘役は増田光桜が、文の母親・音葉役は内田也哉子が、文が経営するカフェ「calico」が入っているビルのオーナー阿方役は柄本明が、それぞれに演じている。
 撮影監督のホン・ギョンピョは、レンズを通して見つめた俳優たちを称賛する。「すべての登場人物の心のなかに、秘められた感情、抑えつけられた感情が存在します。そのような演技は俳優にとってとても難しいものだと思いますが、『流浪の月』の俳優たちは巧みに感情をコントロールし、爆発させる瞬間を見事に見せてくれたと思います」

松坂桃李,多部未華子

撮影は、長野県松本市街と青木湖を中心に。スタッフたちは文が経営するカフェ「calico」についてイメージを実現する撮影条件を満たす場所を探し回り、長野県松本市街の女鳥羽川沿いにある建物をようやく見つけ、長野での撮影が決まったとのこと。ギョンピョ撮影監督は、李監督が『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノ監督に相談し繋いでもらい、熱心なオファーをして韓国から参加が決定したとのこと。日本での撮影について、「私には日本の太陽、雲、月、空などの自然風景、それに街の色合いや建築物のテクスチャーなど、すべてが新鮮でした。韓国とはまるで違う風光、風景に接し、新しいイメージを撮ることができてとても幸せでした」とコメント。そしてこの映画での映像表現について、ギョンピョ撮影監督はこのように語っている。「時に爆発力のある、吸い込まれるような美しいラブストーリーを作るために、ワンカットワンカットに心を込めて真剣に撮影に臨みました。 観客の皆様にも美しい映画として記憶されることを願っています」

原作の小説『流浪の月』は2019年に発行、2020年に本屋大賞を受賞。作者の凪良ゆうは脚本の初稿を読んだ時の印象について、「ずいぶん原作から変えたなって思いました」とコメント。そして李監督への信頼と脚本の魅力をはっきりと語った。「わたしたぶん、原作そのまんまのものをもってこられたら、それはそれでなんかつまんないって感じたと思うんですね。そんなんやったら原作を読んでもらえればいいわけで。いただいた脚本は、原作の世界観をしっかり保ったまま、李監督のものの見方が前面に出ている。わたしはもともと李監督のファンで、李監督の撮る『流浪の月』が観たかったのでとてもうれしくて、お任せして本当に良かったなって心の底から思いました」
 李監督は脚本の執筆に苦戦し、時間をかけて練り上げていった。その難しかった点について、監督はこのように語っている。「原作と異なり、映画は大人の更紗を主軸に語ると決めたとき、更紗と文がともに過ごしたあの時間、そして文という人間の実像、この二つを本筋とは違うところで立ち上げるのに非常な困難がありました」
 ギョンピョ撮影監督は、現場で大切にしていたこの作品のテーマと物語性について語る。「この映画は、世間の枠からはみだしている特別な人々の物語です。断絶と抑圧、苦痛を経験した孤独な男女。そんなふたりの特別で美しい愛の物語を、独特の新しいテンポにのせて映画に溶け込ませることに重点をおいて撮影しようと努めました」

松坂桃李,広瀬すず

李監督作品ではいつも、強く揺さぶってくるシーンがあるのはなぜだろう。この映画では個人的に、寡黙な文が湖ではっきりと言い切る言葉、更紗がカフェで気持ちを吐露する一連のシーンに、涙がこぼれた。監督本人の言葉にあるように、登場人物ひとりひとりの“実像”と、それぞれの心情をくっきりとつきつめ、俳優やスタッフと協働して映像としてつくり上げていく、根気強さと胆力があることは作品からよく伝わってくる。それでいて観客に押しつけがましく感じさせることはなく、そうした力強さや厚みは作品全体に静かに広がっている。撮影ではひとつひとつのシーンをねばり、何度もテイクを重ねることはよく知られていて、キャストもスタッフも懸命についていくという。それはきっと、いい作品にするとみんな心に決めていて、いい作品になるとみんながわかっているからだろう。完成した映画を観た原作者の凪良ゆうは、自身が“涙した”理由をこのように語った。「いい意味で映画では生々しく、血肉が通っているって思いました。だから、内容も知っているし、人物の内側の葛藤とかも原作者なのでもちろんわかってはいるつもりなんですけど、それでも泣かされてしまったのがすごいなって。本当に人間が描かれているなって、そこにわたしは涙したんだろうなって思いました」
 李監督は、『怒り』の到達から更に上を見上げる苦しさから、「一旦横にフィールドを移そう」と考えていたところで原作を知り、「自分だけだと目先を変えられなくて、『流浪の月』と出会えた幸運が大きい」と話す。そしてこの物語への思い入れについて、このように語った。「更紗と文のような関係は、現実にはないかもしれない。けど、あったらいいな。あって欲しいな、というスタンスでこの映画に取り組みました。これまでの僕の作品に比して、明確なハッピーエンドに見えるかもしれません。ただ、自分自身は今までと同じく、痛みや苦しみに耐える人に訪れる救いを見出したかったんじゃないでしょうか」

2022年4月26日更新

作品データ

公開 2022年5月13日より全国ロードショー
制作年/制作国 2022年 日本
上映時間 2:30
配給 ギャガ
監督・脚本 李相日
原作 凪良ゆう
撮影監督 ホン・ギョンピョ
音楽 原摩利彦
出演 広瀬すず
松坂桃李
横浜流星
多部未華子
趣里
三浦貴大
白鳥玉季
増田光桜
内田也哉子
柄本明
:あつた美希
ライター:あつた美希/Miki Atsuta フリーライター、アロマコーディネーター、クレイセラピスト インストラクター/インタビュー記事、映画コメント、カルチャー全般のレビューなどを執筆。1996年から女性誌を中心に活動し、これまでに取材した人数は600人以上。近年は2015〜2018年に『25ans』にてカルチャーページを、2015〜2019年にフレグランスジャーナル社『アロマトピア』にて“シネマ・アロマ”を、2016〜2018年にプレジデント社『プレジデントウーマン』にてカルチャーページ「大人のスキマ時間」を連載。2018年よりハースト婦人画報社の季刊誌『リシェス』の“LIFESTYLE - NEWS”にてカルチャーを連載中。