アートでつくろう、日本の元気
六本木アートナイト2012
六本木広域プログラム:《愛はとこしえ、未来は私のもの!》 草間彌生
Yayoi-chan, Ring-RingYayoi-chan, Ring-Ring ©YAYOI KUSAMA
新作イメージ画像

大型新作《ヤヨイちゃん》登場!
夜の六本木が草間ワールドへと姿を変える

六本木のあちらこちらに、草間彌生の作品が出現します!
大型の新作プロジェクトをはじめ、草間を象徴するドット(水玉)の作品などから、草間の平和と希望へのメッセージを感じてください。
展開作品例:
・《ヤヨイちゃん》《リンリン》(新作、六本木アートナイト2011年委嘱作品)
・《命の足跡》
・《PUMPKIN》
・水玉カフェ 六本木交差点アマンド、東京ミッドタウン yao_ESTABLISH
展開場所:六本木ヒルズアリーナ、東京ミッドタウン、国立新美術館、他(予定)

草間彌生

【草間彌生】
前衛芸術家、小説家。
幼少より水玉と網目を用いた幻想的な絵画を制作。1957年単身渡米、独創的な作品と活動はアート界に衝撃を与え前衛芸術家としての地位を築く。帰国後も全世界を舞台に活躍中。小説、詩集なども多数発表。1983年、小説「クリストファー男娼窟」で第10回野性時代新人文学賞受賞。そのほか、第50回芸術選奨文部大臣賞(2000年)、朝日賞(2001年)、第18回高松宮殿下記念世界文化賞絵画部門受賞(2006年)など受賞多数。2009年文化功労者に顕彰さ れる。2011年から2012年にかけて欧米主要美術館で回顧展巡回中。また2012年年頭より大阪から国内巡回展もスタート。
©YAYOI KUSAMA

六本木広域プログラム:《六本木伝承2012》 Antenna
Antenna《六本木伝承2012》 2012年Antenna《六本木伝承2012》 2012年

六本木の街に御輿が出現!
アートを体感できる大型インスターレーションプロジェクト

京都を拠点に活動する気鋭のアーティストAntennaによる、東京ミッドタウンを舞台にした大型インスタレーションプロジェクト。日本をハッピーに、という想いで生み出された《ジャッピー》を中心に、日本の伝統文化から想起された御輿やお堂などをモチーフとした様々な作品の展示、パフォーマンスを展開します。東京ミッドタウンを、世界都市・東京の中心的な「街」に見立て、現代の「まつり」から、日本の「街」が持つ可能性に目を向けて、「日本の元気」、そして新しい時代への入口を創りだします。
展開場所: 東京ミッドタウン キャノピー・スクエア、芝生広場ほか

アンテナ

【Antenna(アンテナ)】
2002年結成、京都を拠点に活動するアーティストグループ。 日本の歴史と文化より着想し、多様なメディアを用いて創作活動を行う。 「ジャッピー/JAPPY」というオリジナルキャラクターをモチーフに、日本人に とって普通だとされている物事に目を向け、そこに内在する真理、価値、幸福 についてアートを通して問いかけている。

六本木広域プログラム:《Roppongi Agora》
遠藤一郎©遠藤一郎

東日本大震災を受けて、アートに、私たちに、
何ができるのかと対峙したプロジェクト

・日比野克彦『とうほくのこよみのよぶね』
・東北芸術工科大学『ビバーク・フォー・トーホク / Bivouac for Tohoku』
・遠藤一郎『未来へ号』
・深夜教室『ぼくらの未来美術』
・1年後の今:東日本大震災復興支援活動報告会(仮)
展開場所:六本木ヒルズアリーナ、テレビ朝日umu、東京ミッドタウン(予定)
参加作家:日比野克彦、遠藤一郎、トーチカ、藤井光ほか
※その他六本木ヒルズや東京ミッドタウンでも、東日本大震災関連のプログラムが予定されています。

開催概要
2012年3月更新