アラブ・エクスプレス展:アラブ美術の今を知る
中東のイメージを良い意味で打破!写真や映像などで表された現代アラブ人の美意識

イラクからアラビア半島、エジプトまでの東アラブ地域のアーティスト30人を森美術館が独自の現地調査をもとに選出。その作品を通じて、中東の今の美術文化を学ぶ日本初の展覧会です。

日本から地理的にも心理的にも遠い、アラブの国々。しかし、生活習慣からアイデンティティに至るまで決して一括りには語れない文化の多様性 を持っています。アーティストたちは、その中に息づく伝統や慣習、信仰や気候風土に基づく独特の美意識、日常生活、社会の現実をさまざまな美術表現を通して表します。

絵画、彫刻、写真、映像、インスタレーションなどの作品群は、「セクション1:日々の生活と環境」、「セクション2:ステレオタイプとアラブ像」、「セクション3:記憶と記録、未来への思い」の3部構成で展示。アラブ世界が持つ多様性と、急速な勢いで変化する今日の姿を生き生きと映し出します。

また、中東への造詣が深まるよう衣食住、慣習、風俗、信仰などに関する資料をそろえたラウンジも開設され、基本的な知識も深められる盛り沢山な内容です。

ターレク・アル・グセイン
《無題23 (Dシリーズ)》
リーム・アル・ガイス
《ドバイ:その地には何が残されているのか?》
アブドゥルナーセル・ガーレム
《道》
ルラ・ハラワーニ
《親密さ》
開催概要
会期 2012年6月16日(土) 〜 10月28日(日)
時間 10:00〜22:00(火曜のみ17:00まで)
※入館は閉館時間の30分前まで
会場 森美術館
港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階  
入館料 一般 1,500円、学生(高校生・大学生) 1,000円、子供(4歳〜中学生) 500円
※上記の入館料で同時開催の「MAMプロジェクト017:イ・チャンウォン」展および
展望台 東京シティビューにもご入館いただけます。ご利用当日のみ有効。
※スカイデッキへは別途料金がかかります(子供は無料)。
公式サイト http://www.mori.art.museum/contents/arab_express/index.html
問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
2012年5月更新