東京ステーションギャラリー再開記念 生誕120年 木村荘八展

大正・昭和の活気ある東京を独創的な筆致で情緒深く表現

西欧の美術を翻訳紹介するグローバルな視野を持ちながら、自らが住む東京の身近な風景や大衆の風俗をテーマに独創的なタッチで描いた洋画家、木村荘八の20年ぶりに開催される回顧展です。

明治26年、東京・日本橋のいろは牛肉店第八支店(東日本橋)に生まれた木村荘八は、中学卒業後、いろは牛肉店第十支店(浅草)の帳場を任されたものの文学や洋書に興味があり、明治44(1911)年、長兄の許しを得て画家を目指します。

葵橋洋画研究所(旧白馬会研究所)で岸田劉生(りゅうせい)に出会い、彼らとともにフュウザン会を結成。美術に関する翻訳や執筆を続けながら、洋画家として活躍しました。大正13(1924)年以降からは挿絵の仕事が増え、昭和12(1937)年に永井荷風の新聞連載『濹東綺譚』の挿絵を担当。東京の下町風俗を情緒深く表現し、大衆の心をつかみます。

会場では、荘八の代表作《パンの会》、《牛肉店帳場》、《浅草寺の春》の油彩など約70点と、『濹東綺譚』や『東京繁昌記』の挿絵原画などを中心に展示。活気あふれる当時の東京に絵を通じて出会えます。

《濹東綺譚 挿絵8》
1937年 墨・インク・コンテ・紙 12.2×16.5cm
東京国立近代美術館
《牛肉店帳場》
1932年 油彩・カンヴァス 148.0×179.0cm
公益財団法人北野美術館
《銀座みゆき通り》
1958年 油彩・カンヴァス
39.5×30.3cm
《パンの会》
1928年 油彩・カンヴァス 74.0×90.0cm
岐阜県美術館寄託
《浅草寺の春》
1936年 油彩・カンヴァス130.0×72.0cm
公益財団法人北野美術館
《新宿駅》
1935年 油彩・カンヴァス 96.0×129.0cm 
東京国立近代美術館寄託
開催概要
会期 2013年3月23日(土) 〜 5月19日(日)
休館日 月曜日 ※祝日の場合は開館、翌火曜休館
時間 平日11:00〜20:00/土・日・祝10:00〜18:00
※入場は閉館時間の30分前まで
会場 東京ステーションギャラリー
千代田区丸の内1-9-1 
入館料 一般 900円、高大生700円、小中生400円
公式サイト http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
問合せ 03-3212-2485
2013年2月更新