クリスチャン・ケレツ展 The Rule of the Game

「建築=知的な作業」と語る偉才の建築家の日本初個展

スイス現代建築界の中で特異な存在感を放つ、建築家クリスチャン・ケレツの日本初の個展です。

模型やレンダリング技術などを駆使し、各条件を起点に空間や構造を練り上げていく設計スタイル。既成概念を脱して建物を一つの思想・原理にまで還元させることで、逆に無限のバリエーションを生み出す行程を自身は“知的な作業”と呼んでいます。

本展では、近作の大型プロジェクトである3つの設計競技案、「ワルシャワ近代美術館」、「ホルシム研究開発センター」、「スイス・リー・ネクスト」と、2つの進行中プロジェクト「鄭州の高層ビル第1・2案」、「パライゾポリスの公営住宅」、それぞれのコンセプト模型、図面、CG、映像などを紹介します。模型を通じて背景にある理念を見る、複雑なコンセプトを模型で具現化かつ単純化させることを実際に目の当たりにすることで、ケレツ氏が語る“建築=知的作業”を実感できる内容となっています。

フォースター通りのアパートメント
(2003年/スイス、チューリヒ)©Walter Mair
壁一枚の家
(2007年/スイス、チューリヒ)©Walter Mair
鄭州の高層ビル 第2案模型
(2012-2013年/中国)©Milan Rohrer
オーバーレアルタの礼拝堂
(1992年/スイス、グリゾン)©Christian Kerez
ロイチェンバッハの学校
(2009年/スイス、チューリヒ)©Walter Mair
鄭州の高層ビル 第2案CG
(2012-2013年/中国)©Yu Yan
アーティスト紹介
クリスチャン・ケレツ

クリスチャン・ケレツ(Christian Kerez)

1962年、ベネズエラのマラカイボ生まれ。スイス連邦工科大学チューリヒ校で学び、建築写真家として多くの作品を発表後、1993年にスイスのチューリヒに建築事務所を設立。2001年よりスイス連邦工科大学チューリヒ校建築学科の講師を、2003年より同助教授を務め、2009年に正教授に選任される。2012〜13年度にハーバード大学大学院デザイン学部丹下健三記念客員教授を務める。 実作に「フォースター通りのアパートメント」(チューリヒ、2003年)、「壁一枚の家」(チューリヒ、2007年)、「ロイチェンバッハの学校」(チューリヒ、2009年)など。現在はサンパウロの公営住宅や中国の高層オフィスビルが進行中。

開催概要
会期 2013年7月19日(金) 〜 9月28日(土)
休館日 日・月・祝日・夏期休暇 2013年8月11日(日)〜8月19日(月)
時間 11:00〜18:00(金曜のみ19:00まで)
会場 TOTOギャラリー・間
港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3F  
入館料 無料
公式サイト http://www.toto.co.jp/gallerma/
問合せ 03-3402-1010
2013年6月更新