平等院鳳凰堂平成修理完成記念 天上の舞 飛天の美

平等院鳳凰堂の国宝などが特別公開!天人が舞う浄土の世界

2014年春に落慶を迎える平等院鳳凰堂の修理期間に合わせ、通常は現地でなければ見られない寺院の壁や柱などに表された彫刻や荘厳具類、仏像、絵画、工芸などを公開する展覧会です。

空を飛ぶ天人は「飛天」と呼ばれ、浄土世界の住人として東アジアからインド、中央アジアまで広くモチーフに用いられてきました。飛鳥時代に仏教が伝来した日本では、飛天は建築の一部、堂内の仏像の天蓋、光背などに表現され、法隆寺や薬師寺などでも作例が残っています。飛天が優美に舞う姿は、浄土が煌びやかな世界であることを説く具体的な姿でした。

本展では、日本の古代から中世を中心とした飛天の姿を浄土図や荘厳具類などを交えて展示。飛天や浄土の世界を、彫刻、絵画、工芸など多方面から展観します。インド、中央アジア、中国、朝鮮の作例もあわせ、各地域・時代における造形の違いや交流なども見られる奥深い内容です。

また、平等院鳳凰堂の国宝《雲中供養菩薩像》や、寺外初公開となる国宝《阿弥陀如来坐像光背飛天》なども特別公開されます。

国宝 雲中供養菩薩像 南1 平安時代 天喜元年(1053) 京都・平等院蔵
国宝 雲中供養菩薩像 南1
平安時代 天喜元年(1053)
京都・平等院蔵
仏伝浮彫「マーラの誘惑・降魔成道・初転法輪」 ガンダーラ 2〜3世紀 龍谷大学蔵
仏伝浮彫「マーラの誘惑・降魔成道・初転法輪」
ガンダーラ 2〜3世紀
龍谷大学蔵
仏三尊?仏(川原寺裏山遺跡出土) 飛鳥時代 7世紀 明日香村教育委員会蔵
仏三尊塼仏(川原寺裏山遺跡出土)
飛鳥時代 7世紀
明日香村教育委員会蔵
国宝 紺紙金字一切経「大般若経 巻第十四」 平安時代 12世紀 岩手・中尊寺蔵
国宝 紺紙金字一切経「大般若経 巻第十四」
平安時代 12世紀
岩手・中尊寺蔵
国宝 金銅迦陵頻伽文華鬘 平安時代 12世紀 岩手・中尊寺蔵 画像提供:奈良国立博物館(撮影:森村欣司)
国宝 金銅迦陵頻伽文華鬘
平安時代 12世紀
岩手・中尊寺蔵
画像提供:奈良国立博物館(撮影:森村欣司)
重要文化財 阿弥陀二十五菩薩来迎図 鎌倉時代 13〜14世紀 福島県立博物館蔵
重要文化財 阿弥陀二十五菩薩来迎図
鎌倉時代 13〜14世紀
福島県立博物館蔵
国宝 阿弥陀如来坐像光背飛天 南4 平安時代 天喜元年(1053) 京都・平等院蔵
国宝 阿弥陀如来坐像光背飛天 南4
平安時代 天喜元年(1053)
京都・平等院蔵
開催概要
会期 2013年11月23日(土・祝) 〜2014年1月13日(月・祝)
休館日 火曜日(1月7日は開館)、12月30日〜1月1日
時間 10:00〜18:00(金・土および12月22日、1月12日は20:00まで)
※12月27日、28日は年末のため18:00閉館
※入館は閉館時間の30分前まで
会場 サントリー美術館
港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階  
入館料 一般1,300円、高大生1,000円
公式サイト http://suntory.jp/SMA/
問合せ 03-3479-8600
2013年10月更新