企画展「コメ展」

生活に欠かせないコメを食以外の側面から見つめ直す

古くから日本の主食として親しまれてきたコメに着目し、食としての観点だけでなく、文化や環境などの面も含めてとらえなおし、その未来を考えるユニークな視点の展覧会です。

お茶碗一杯のご飯は、稲穂3株分(約3,000粒)。しかし、コメの力はそれだけではありません。多様な生態系を成す水田は育むことだけでなく、水害防止の貯水や温暖化を抑える調温装置としての役割も果たしています。ワラは草履や屋根などに使われてきた歴史があります。そんな命と文化を繋ぐコメと、それを取り巻く環境には、デザインのヒントが秘められているに違いありません。

「それは、人の営みを支える「関係」であり「仕組み」であり「方法」なのです。これを日本で育まれた優れたデザインと捉えることはできないだろうか。このような思いでこのプロジェクトが始まりました」と語るのは、グラフィックデザイナーの佐藤卓氏。「未来食、地球食としてのコメの可能性を、1万年の稲作とコメ文化の歴史も振り返りつつ見つめ直してみたい」と意欲を燃やす、文化人類学者の竹村真一氏。2人の専門家がディレクションする本展は、コメのあらゆる魅力や力を引き出すことでしょう。

「コメマンダラ」 (Photo: Yusuke Nishibe)
「コメ展のための映像」 ©Yamanaka Yu
「コメの景」
「コメ粒茶碗」
「しめかざり」
開催概要
会期 2014年2月28日(金) 〜 6月15日(日)
休館日 火曜日(4月29日、5月6日は開館)
時間 11:00〜20:00 ※入館は閉館時間の30分前まで
会場 21_21 DESIGN SIGHT
港区赤坂9-7-6 
入館料 一般1,000円、大学生800円、中高生500円
公式サイト http://www.2121designsight.jp/
問合せ 03-3475-2121
2014年1月更新