ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム 展

1989年から現在まで! マンガ・アニメ・ゲームの流れを展望

マンガの草分け的存在として知られる手塚治虫が亡くなった1989年から現在までのおよそ25年間に興隆したマンガ、アニメ、ゲームを紐解き、メディアを複合的に利用しながら深化してきた状況や、情報技術の進化と作品との関係などを展望する企画展です。

今や日本が世界に発信する文化の1つにまで成熟したマンガ、アニメ、ゲーム。多様な表現はメディア枠に収まらず、世相の変化、進化するテクノロジー、未来までもを映して語りかけるほか、キャラクターたちも多様なものに転用され、日常生活に入り込んでいます。

本展では、紹介する作品を8つの章に区分け。第1章はプロローグとしてヒーローやヒロインが活躍する王道の作品、第2章は1990年代以降の情報通信の発達に基づく仮想や拡張現実、ロボット、デジタルなどの作品、第3章はネット社会を背景にした作品、第4章はプレーヤー同士の対戦などコミュニケーションの手段となったゲーム、第5章は多彩なキャラクターの魅力を紹介する作品、第6章は日常と非日常が交差する作品、第7章は実社会と接点を持つテーマ作品、第8章は作品の作り手に注目して演出や制作過程など、各章で細かく掘り下げていきます。現代らしいテーマで想像力と創造力を再発見できる内容です。

「シドニアの騎士」©弐瓶勉・講談社 / 東亜重工動画制作局
「ほしのこえ」©Makoto Shinkai / CoMix Wave Films
「モンスターハンターポータブル 2nd」©CAPCOM CO., LTD. 2007 ALL RIGHTS RESERVED.

出品予定作品(一部)

第1章 現代のヒーロー&ヒロイン
美少女戦士セーラームーン(アニメ)
七つの大罪(マンガ)
ドラゴンクエストIV 導かれし者たち(ゲーム)
第2章
テクノロジーが描く「リアリティ」―作品世界と視覚表現
イノセンス(アニメ)
GANTZ (マンガ)
ファイナルファンタジーZ (ゲーム)
第3章 ネット社会が生み出したもの
ほしのこえ(アニメ)
ひぐらしのなく頃に(ゲーム)
クリムゾン・ルーム(ゲーム)
第4章 出会う、集まる―「場」としてのゲーム
ポケットモンスター 赤・緑、ポケットモンスター X・Y(ゲーム)
太鼓の達人(ゲーム)
ストリートファイターII、ウルトラストリートファイターIV(ゲーム)
モンスターハンターポータブル 2nd、モンスターハンター4G
(ゲーム)
第5章 キャラクターが生きる=「世界」
けいおん! (アニメ)
戦国BASARA4 (ゲーム)
初音ミク(バ−チャル・シンガー)

第6章 交差する「日常」と「非日常」
涼宮ハルヒの憂鬱(アニメ)
らき☆すた(アニメ)
あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。(アニメ)
第7章 現実とのリンク
鈴木先生(マンガ)
好きっていいなよ。(マンガ)
ジョジョリオン―ジョジョの奇妙な冒険 Part8 (マンガ)
第8章 作り手の「手業」
パプリカ(アニメ)
マクロスプラス(アニメ)
グランツーリスモ6 (ゲーム)
エピローグ
メトロポリス(アニメ)
*上記は展示予定の作品です
*章の構成や作品のバージョン等変更となる場合があります
開催概要
会期 2015年6月24日(水) 〜8月31日(月)
休館日 火曜日
時間 10:00〜18:00(金曜は20:00まで)
※入場は閉館時間の30分前まで
会場 国立新美術館 企画展示室1E
港区六本木7-22-2 
入場料 一般1,000円、大学生500円
公式サイト http://www.nact.jp/exhibition_special/2015/magj/
問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
2015年5月更新