アート オブ ブルガリ 130年にわたるイタリアの美の至宝

創業者ファミリーが手掛けたもの、アールデコ様式など ブルガリの宝飾品で辿る時代の変遷

世界的に知られたイタリアの宝飾ブランド“ブルガリ”。1884年の創業以来、斬新なデザインを生み出し、注目を浴びてきました。その宝飾デザインの変遷から時代を省みる企画展です。

1884年にローマで高級宝飾品店として創業。1970年代からは腕時計、2000年代からは香水、眼鏡、ハンドバッグや財布などの革製品も取り扱っています。古代ギリシャやローマ文化の美術・建造物をモチーフにした作品のほか、アジアや日本にインスピレーションを得た作品など、そのデザインは多様で創造的。特にセルペンティ(イタリア語で蛇)コレクションが知られています。ポップアートで名高いアンディ・ウォーホルに「僕にとって、ブルガリの店に行くのは最高のコンテンポラリーアート展に行くようなもの」と言わしめるほど革新に満ちていました。

本展では、創業者ソティリオ・ブルガリがデザインした銀細工ネックレス、バチカン市国のサン・ピエトロ広場を表したブローチ、1960年代に確立した幅広く胸元に広がる「ビブ(英語でよだれかけ)」デザインのネックレス、浮世絵のような遠近感が施された「富士山」ブローチなど特徴的なデザインを展示。ビザンチン帝国のゴールドコインを用いたイヤリングや古代ローマのコインに着想を得た腕時計なども紹介されます。

ソートワール(写真右は部分) 1969年 プラチナ、サファイア、ダイヤモンド
「セルペンティ」ブレスレットウォッチ 1970年頃 ゴールド、エナメル、ダイヤモンド
「富士山」ブローチ 1971年 ゴールド、プラチナ、マザー オブ パール、エナメル、ダイヤモンド
「ブルガリ・ローマ」ウォッチ 1975年 ゴールド、レザー/麻ストラップ
開催概要
展覧会名 アート オブ ブルガリ 130年にわたるイタリアの美の至宝
会期 2015年9月8日(火) 〜11月29日(日)
休館日 9月14日(月)・24日(木)・28日(月)、
10月5日(月)・13日(火)・19日(月)・26日(月)、
11月4日(水)・9日(月)・16日(月)・24日(火)
時間 9:30〜17:00
※9月の土日祝・休日は18:00まで
※9月25日、10月9日・16日・23日を除く金曜は20:00まで
※10月2日(金)・3日(土)は22:00まで
※10月31日(土)〜11月2日(月)は20:00まで
※入場は閉館時間の30分前まで
会場 東京国立博物館 表慶館
台東区上野公園13-9  
入場料 当日 一般1,400円、高大生800円
公式サイト http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1733
問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
2015年8月更新