ハラドキュメンツ10 佐藤雅晴―東京尾行

実写をトレースしたアニメーション作品 微かな差異から見ることの奥深さを知る

キュレーターの育成や若手作家の支援を目的に、原美術館が不定期で開催しているプロジェクト「ハラドキュメンツ」の第10弾企画展です。佐藤雅晴による実写をトレースしたアニメーション作品を取り上げます。

東京藝術大学油画学科で学んだ佐藤雅晴ですが、在学中は絵画制作に意味を見出せず、全く描きませんでした。2000年、国立デュッセルドルフクンストアカデミーの研究生として渡欧。10年に及ぶドイツ滞在期間中、独自手法によるアニメーション制作を生み出しました。
 作品は、まず身近な人々や風景をビデオ撮影。パソコンソフトのペンツールを用いて、その実写映像を忠実にトレース(転写)します。何百ものコマを1つにまとめたアニメーションは、実写と微かに異なる部分があり、その違和感が見る人に孤独や不安、ノスタルジーやユーモアなど多様な解釈を持たせます。

本展では、日本で注目されるきっかけとなった『Calling』(ドイツ編、2009−2010年)、東日本大震災などを経て生まれた『Calling』(日本編、2014年)、最新作『東京尾行』(2015−2016年)を中心に、平面作品も展示されます。

「東京尾行」 12チャンネル ビデオ、2015-2016年
「東京尾行」 12チャンネル ビデオ、2015-2016年
「Calling(ドイツ編)」 アニメーション、ループ(7分)、シングルチャンネル ビデオ、2009-2010年
「Calling(日本編)」 アニメーション、ループ(7分)、シングルチャンネル ビデオ、2014年
開催概要
展覧会名 ハラドキュメンツ10 佐藤雅晴―東京尾行
会期 2016年1月23日(土) 〜 5月8日(日)
休館日 月曜日(ただし3月21日は開館)、3月22日
時間 11:00〜17:00(祝日を除く水曜は20:00まで)
※入館は閉館時間の30分前まで
会場 原美術館
品川区北品川4-7-25 
入館料 一般 1,100円、高大生 700円、小中生 500円
公式サイト http://www.haramuseum.or.jp
問合せ 03-3445-0651
2016年1月更新