雑貨展

雑貨の魅力や取り巻く環境を“文化”として俯瞰

韓国ソウル特別市・広蔵市場(クァンジャンシジャン)の荒物屋にてリサーチ中の深澤直人

個人の嗜好や感性が重視されて多様化する雑貨に着目。幅広い種類のモノを“生活を彩るデザイン”と定義し、その魅力に目を向ける展覧会です。

約半世紀前まで、雑貨とはやかんやほうき、バケツといった生活に欠かせない道具を指す言葉でした。経済成長とともに暮らしが豊かになると、器や化粧品など雑貨のすそ野は広がりをみせます。インターネットの普及と嗜好性の高まりによって、一層多くの商品が生まれ、用途が分からないモノや実用性を持たないモノなども、雑貨店の店頭に並ぶようになりました。生活を成り立たせるための道具から“日常に寄り添い、彩りを与えてくれるデザイン”へと変貌したとも捉えられます。

本展では、プロダクトデザイナーで日本民藝館の館長でもある深澤直人がディレクターを担当。探す、選ぶ、買う、使う、飾る、取り合わせるといった行為や経験を通して、雑貨の魅力を掘り起こします。暮らしに楽しみをもたらす雑貨のカテゴリーの拡がりも、個々の作家が表現。雑マンダラ、荒物行商インスタレーション、雑貨と生活史年表、異文化交流など、歴史的背景や素材、世界観などを体感できる内容となっています。


松野屋+寺山紀彦 (studio note)「荒物行商インスタレーション」(画像: 荷車を引く行商 <横浜開港資料館所蔵>)
藤城成貴「雑貨とデザインの考察」
伊藤 菜衣子/池田秀紀(暮らしかた冒険家)「自問自答」
「ZAKKA OBJECTS & DRAWINGS」(フィリップ・ワイズベッカー「BOMBAS」)
開催概要
展覧会名 21_21 DESIGN SIGHT企画展「雑貨展」
会期 2016年2月26日(金) 〜 6月5日(日)
休館日 火曜日(5月3日は開館)
時間 10:00〜19:00
※4月28日(木)は関連プログラム開催に合わせ22:00まで
※入場は閉館時間の30分前まで
会場 21_21 DESIGN SIGHT
港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内 
入場料 一般 1,100円、大学生 800円、高校生 500円
公式サイト http://www.2121designsight.jp
問合せ 03-3475-2121
2016年2月更新