土木展

街をデザインする基礎となる“土木”をクローズアップ

日常ではあまり注目されない“土木”をクローズアップしたユニークな視点の企画展です。

道路や鉄道、携帯電話やインターネット、上下水道、災害に対する備えなど、土木は生活環境そのものと言っても過言ではありません。伝統技術に基づきながら、研究や技術発展を通して形成されてきた土木は、自然や暮らしなどとの調整が必要な市民のためのデザインといえます。

本展では、土木と建築の分野に精通する西村 浩氏を展覧会ディレクターに迎え、土木をさまざまな視点で紹介します。
 「イントロダクション」では、日本の名土木のマップを掲示するほか、アーティスト ヤマガミユキヒロ氏の映像プロジェクション作品などを通して、土木の背景を探ります。「土木オーケストラ」では、日本の高度経済成長期から現代に至る土木の歴史を、壁一面の映像と迫力ある音で表現。「土木の行為」は、「ためる」、「ほる」、「はかる」、「ささえる」といった土木の行為をテーマとし、参加作家が多様な作品で表現する体験型の展示エリアです。「土木を愛する」では、土木現場作業員の想いを写真で紹介するほか、「土木で遊ぶ」では、来場者が砂場遊びを通して土木設計者となれる映像インスタレーションなどが展示されます。

「土木オーケストラ」ドローイングアンドマニュアル
「現場で働く人達」株式会社 感電社 (Photo: 菊池茂夫)
「土木の行為:ほる」(「地質山」のためのドローイング)康 夏奈(吉田夏奈)
「土木の行為:ためる」(「千苅ダム」)西山芳一
開催概要
展覧会名 21_21 DESIGN SIGHT企画展「土木展」
会期 2016年6月24日(金) 〜 9月25日(日)
休館日 火曜日(8月23日は特別開館)
時間
  • 10:00〜19:00
    ※8月23日(火)は17:00まで
    ※入場は閉館時間の30分前まで
会場 21_21 DESIGN SIGHT
港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内 
入場料 一般 1,100円、大学生 800円、高校生 500円
公式サイト http://www.2121designsight.jp
問合せ 03-3475-2121
2016年6月更新