ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 〜漫画、9番目の芸術〜」

フランスの第9の芸術「漫画」で描く“ルーヴルの魅力”

1793年に開館し、世界最大級と称されるフランスのルーヴル美術館で、2003年からスタートした、漫画で同館の魅力を伝える「ルーヴル美術館BDプロジェクト」。その参加漫画家の作品、原画、関連資料、映像など約300点が一堂に介するダイナミックな企画展です。

フランスでは芸術に序列があり、1:建築、2:彫刻、3:絵画、4:音楽、5:文学(詩)、6:演劇、7:映画、8:メディア芸術と続き、9番目に古くから独自に発展してきた漫画文化「バンド・デシネ(BD)」が入っています。大衆的な作品だけでなく、絵画のように複雑で技巧に富んだ作品も多いことから、子どもから大人まで幅広く楽しまれ、近年、同分野の研究が進むようになりました。
 ルーヴル美術館BDプロジェクトは、参加漫画家たちが同館をテーマに自由に作品を描く企画で、ニコラ・ド・クレシー、クリスティアン・デュリユーなどのフランス、ベルギーの漫画家に加え、荒木飛呂彦、谷口ジロー、松本大洋など、日本の漫画家も参画しています。

本展は、3章で構成。第1章では「サモトラケのニケ」などの代表的な作品に焦点を当てた漫画作品を展示、第2章では、現実から離れた漫画らしい異次元ストーリーの作品群が並びます。第3章では、漫画家の想像力が発揮されている時空を超えた作品を紹介します。

松本大洋/『ルーヴルの猫』 ©MATSUMOTO Taiyou / Shogakukan / Futuropolis / Musée du Louvre éditions
坂本眞一/『王妃アントワネット、モナリザに逢う』 ©坂本眞一 / 集英社
ヤマザキマリ/『Palmyre au Musée 美術館のパルミラ』 ©Mari Yamazaki
荒木飛呂彦/『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』 ©LUCKY LAND COMMUNICATIONS / 集英社

開催概要
展覧会名 ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 〜漫画、9番目の芸術〜」
会期 2016年7月22日(金) 〜 9月25日(日)
休館日 会期中無休
時間 10:00〜20:00
※入館は閉館時間の30分前まで
会場 森アーツセンターギャラリー
港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 52階 
入館料 一般 1,800円、高大生 1,200円、小中生 600円
公式サイト https://macg.roppongihills.com/jp/
問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
2016年7月更新