国芳ヒーローズ〜水滸伝豪傑勢揃

ワイルドな武者が大活躍! 国芳の出世作《通俗水滸伝》を一挙公開

「通俗水滸伝豪傑百八人之壱人 浪裡白跳張順」(個人蔵 / 後期展示)

浮世絵ブームの昨今で、特に人気の高い歌川国芳。奇想な画題やユーモアあふれる作品ではなく、当時最初のヒット作となった力強い武者絵に注目し、その魅力に迫る企画展です。

江戸の人々から“武者絵の国芳”と呼ばれるきっかけとなった《通俗水滸伝豪傑百八人之 一個(一人)つうぞくすいこでんごうけつひゃくはちにんのひとり》※以下《通俗水滸伝》のシリーズ。中国の小説『水滸伝』に登場する英雄たちをエネルギッシュに描いた作品群は、刺青ブームを起こすほどだったとか。この成功を足掛かりに、国芳は人気絵師へと上り詰めていったのです。

本展では、この《通俗水滸伝》シリーズ74図のうち、73図を一堂に公開します。同シリーズの代表作、「通俗水滸伝豪傑百八人之壱人 浪裡白跳ろうりはくちょう張順ちょうじゅん」は、杭州城攻撃の際に水門を破る張順を雄々しい姿で描いており、必見です。また、「狂画水滸伝豪傑一百八人 十番続之内壱」など、豪傑をパロディ化したもの、女性を水滸伝の登場人物になぞらえた美人画、登場人物を日本の英雄に差し替えた武者絵、子供向けの双六など、『水滸伝』の関連作品も展示。当時席巻した空前のブームに触れられます。


「通俗水滸伝豪傑百八人之一人 花和尚魯知深初名魯達」(個人蔵 / 前期展示)
「通俗水滸伝豪傑百八人一個 旱地忽律朱貴」(個人蔵 / 後期展示)
「水滸伝豪傑百八人之一個 扈三娘一丈青」(個人蔵 / 前期展示)
開催概要
展覧会名 国芳ヒーローズ〜水滸伝豪傑勢揃
会期 2016年9月3日(土) 〜 10月30日(日)
※前後期で全点展示替え
前期:9月3日(土) 〜 9月27日(火)
後期:10月1日(土) 〜 10月30日(日)
休館日 月曜日(ただし9月19日、10月10日は開館)、
9月20日(火)、9月28日(水)〜30日(金)、10月11日(火)
時間 10:30〜17:30 ※入館は閉館時間の30分前まで
会場 太田記念美術館
渋谷区神宮前1-10-10 
入館料 一般 1,000円、高大生 700円
公式サイト http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/
問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
2016年8月更新