特別展「よみがえれ! シーボルトの日本博物館」

シーボルトが自ら企画した「最後の日本展示」を再現

シーボルト没後150年を記念し、末裔にあたるフォン・ブランデンシュタイン=ツェッペリン家所蔵の資料やミュンヘン五大陸博物館所蔵のシーボルト・コレクションなど、母国ドイツに残した日本のコレクション約300点を里帰りさせる企画展です。

シーボルトは、1796年ヴュルツブルグで生誕。大学で医学を専攻しながら、化学、植物学、動物学、地理学、民族学にも関心を寄せます。卒業後は、陸軍軍医としてバタヴィア(現インドネシア・ジャカルタ)へ赴任。その後オランダ商館付きの医師として長崎を訪れ、私塾「鳴滝塾」で教えつつ、日本研究を進めました。シーボルト事件で一度国外退去となるものの、1859年に再来日を果たしています。

本展では、シーボルトの生い立ち、来日の経緯、日本での研究や交流、帰国後に行った日本展覧会など、5章立てで構成。江戸時代の市井の人々を描いた川原慶賀筆「人物画帳」、日本展覧会に関する雑誌記事などのほか、「鳴滝の家屋模型」、伊能図の写し、シーボルト自筆のコレクション解説など、初来日や初公開の資料が数多く展示されます。一番の見どころは、シーボルトが亡くなる直前にミュンヘンで開催した「最後の日本展示」が、シーボルトの長男アレクサンダーのリストをもとに再現され、必見です。


花鳥図衝立(ミュンヘン五大陸博物館蔵 ©Museum Fünf Kontinente)
鳴滝の家屋模型(ミュンヘン五大陸博物館蔵 ©Museum Fünf Kontinente)
亀形筮筒台(ミュンヘン五大陸博物館蔵 ©Museum Fünf Kontinente)
麦藁細工の玩具(ミュンヘン五大陸博物館蔵 ©Museum Fünf Kontinente)

画像はすべてミュンヘン五大陸博物館蔵 ©Museum Fünf Kontinente

開催概要
展覧会名 特別展「よみがえれ! シーボルトの日本博物館」
会期 2016年9月13日(火) 〜 11月6日(日)
休館日 月曜日(ただし9月19日と10月10日は開館)、10月11日(火)
時間 9:30〜17:30(土曜は19:30まで)
※入館は閉館時間の30分前まで
会場 東京都江戸東京博物館 1階特別展示室
墨田区横網1-4-1 
観覧料 一般 1,400円、大学・専門生 1,120円、小中高生・65歳以上 700円
公式サイト https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/
問合せ 03-3626-9974(代表)
2016年9月更新