クラーナハ展―500年後の誘惑

世界中から絵画、素描、版画約120点が一堂に! 史上最大規模のクラーナハの回顧展

独特な表現で裸婦や肖像画を描いたドイツ・ルネサンスを代表する画家、ルカス・クラーナハ(父、1472〜1553年)。ウィーン美術史美術館のコレクションを中心に、世界中から作品を集めて開催される日本初の回顧展です。

1472年、ドイツのクローナハで生まれ、1505年にヴィッテンベルクの宮廷画家に就任。1515年には、アルブレヒト・デューラーやハンス・ブルクマイアらと、神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世の祈祷書の欄外装飾を手掛けています。時代に先駆けて大規模な絵画工房を運営し、大量の依頼を受注。流行の主題をアレンジして描き、人気を博しました。

本展では、40点あまりの絵画と素描・版画作品含めた約120点を、当時のドイツの思想や文化、社会情勢などと併せながら展開。アルブレヒト・デューラーやルカス・ファン・レイデンといった同時代の画家の作品も並びます。さらに、近現代の画家たちへ与えた影響にも注目し、ピカソや森村泰昌などの作品なども展示します。
 3年にわたる修復後初の公開となるウィーン美術史美術館所蔵の《ホロフェルネスの首を持つユディト》、フランクフルトのシュテーデル美術館にある代表作《ヴィーナス》、ブダペスト国立西洋美術館に収められた初期作品《聖カタリナの殉教》が、一堂に会する貴重な機会となり、要注目です。

ルカス・クラーナハ(父)《ロトと娘たち》  1528年  ウィーン美術史美術館  ©KHM―Museumsverband.
ルカス・クラーナハ(父)《アダムとイヴ》 1537年 ウィーン美術史美術館 ©KHM―Museumsverband.
ルカス・クラーナハ(父)《マルティン・ルターの肖像》  1525年 ブリストル市立美術館 © Bristol Museums,Galleries&Archives
ルカス・クラーナハ(父)《正義の寓意》1537年 個人蔵
開催概要
展覧会名 クラーナハ展―500年後の誘惑
会期 2016年10月15日(土) 〜 2017年1月15日(日)
休館日 月曜日(ただし1月2日は開館)、12月28日(水)〜1月1日(日)
時間 9:30〜17:30(金曜は20:00まで)
※入館は閉館時間の30分前まで
会場 国立西洋美術館
台東区上野公園7-7 
入館料 一般 1,600円、大学生 1,200円、高校生 800円
公式サイト http://www.tbs.co.jp/vienna2016/
問合せ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
2016年10月更新