トラフ展 インサイド・アウト

作品を創る過程を楽しむ!トラフの思考法

斬新なアイデアで、建築、舞台美術、インテリア、家具など幅広く手掛けるトラフ建築設計事務所。鈴野浩一と禿(かむろ)真哉、2人の若手建築家が作品を手掛ける際の思考に着目し、その内容を探る個展です。

2人の出発点は、東京にある築35年のホテルの客室リノベーションプロジェクト「テンプレート イン クラスカ」(2004年)。1回限りの予定でユニットを組み、客室に必要な機能、備品、宿泊客の手荷物を1枚の絵のようにディスプレイする斬新な空間を生み出しました。このアイデアは高い評価につながり、その後、2人は住宅設計、店舗やショールームの内装、展覧会の展示構成、舞台美術、家具や指輪まで、200以上のプロジェクトを手掛けたのです。特に、2010年に六本木で開催された「トクショクシコウ展」で展示された「空気の器」は、海外でも高い人気を集めています。

本展では、初期作品から住宅プロジェクト「BigT」(2016年)、現在進行中の最新プロジェクトまで、手掛かりとなった資料、インスピレーションを受けた素材などを、模型や作品とともに展示し、作品を創る過程や、その時の2人の思考を追体験できる内容です。3・4階の展示室だけでなく、B1・1Fのセラトレーディングのショールームと2FのBookshop TOTOにも作品を展示。同ギャラリーオリジナルの「空気の器」も販売されます。

テンプレート イン クラスカ(2004年)© 阿野太一
港北の住宅 (2008 年) © 阿野太一
空気の器 (2010 年) © 冨田里美
AA スツール (2012 年)© 吉次史成
開催概要
展覧会名 トラフ展 インサイド・アウト
会期 2016年10月15日(土) 〜 12月11日(日)
休館日 月曜・祝日(ただし、11月3日(木・祝)は開館)
時間 11:00〜18:00
会場 TOTOギャラリー・間
港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3F  
入館料 無料
公式サイト http://www.toto.co.jp/gallerma/
問合せ 03-3402-1010
2016年10月更新