開館記念展III 「てくてく東海道−北斎と旅する五十三次−」

広重より約30年早い!風景より風俗主体の五十三次

代表的な浮世絵作品として知られる歌川広重の《東海道五十三次》。その制作から約30年前、葛飾北斎も“東海道五十三次”をテーマに複数のシリーズを制作しました。シリーズの一つである「春興五十三駄之内」が目玉として展示されるほか、北斎が描いた東海道五十三次の魅力に迫る企画展です。

風景を主体に描いた広重と異なり、北斎はグルメ、文化、パワースポットといった土地の風俗を多く描きました。小さなサイズの作品が多いのも特徴です。鳥瞰図など個性的な東海道は人気を博し、後世にも影響を与えました。弟子が描いた東海道の作品も登場しています。

本展は、5章立てで構成。1章では、浮世絵や文学作品を通して“東海道”が江戸の庶民に親しまれるようになったきっかけを紹介、2章では、「春興五十三駄之内」を前期後期あわせて一揃えで展示します。版木の状態が良く、細かな表現や色合いなど、絵師の制作意図が最も反映される初摺が並び、見応えがあります。3章では、グルメや名所などのテーマごとに展観し、4章では、江戸から京まで1枚に収めた「東海道名所一覧」が登場、5章では、弟子が描いた東海道など、北斎の画風が影響を与えた作品を見ていきます。さまざまな角度から北斎の五十三次を楽しめる内容です。

「春興五十三駄之内 日本橋」(前期展示) 所蔵:すみだ北斎美術館
「東海道名所一覧」(前期展示) 所蔵:すみだ北斎美術館
「東海道五十三次江都の往かい 袋井」(後期展示) 所蔵:すみだ北斎美術館
開催概要
展覧会名 開館記念展III 「てくてく東海道−北斎と旅する五十三次−」
会期 2017年4月18日(火) 〜 6月11日(日)
※会期中、展示替えあり
前期:4月18日(火) 〜 5月14日(日)
後期:5月16日(火) 〜 6月11日(日)
休館日 月曜
時間 9:30〜17:30
※入館は閉館時間の30分前まで
会場 すみだ北斎美術館
墨田区亀沢2-7-2 
入館料 一般 1,000円、高大生・65歳以上 700円、中学生 300円
公式サイト http://hokusai-museum.jp/
問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
2017年4月更新