AMBIENT 深澤直人がデザインする生活の周囲展

国内外のブランドが大集合!生活を意識したデザインを読み解く国内初個展

ALESSIなど世界各国のブランドからパナソニックの電子精密機器まで幅広く手掛ける、プロダクトデザイナーの深澤直人。グッドデザイン賞など、著名な賞を受賞した作品を中心にデザインした作品を展観する、国内初の個展です。

1980年、多摩美術大学美術学部デザイン科を卒業し、1989年にアメリカのIDEOに入社。2003年に独立して、NAOTO FUKASAWA DESIGNを設立します。2007年には、21_21 DESIGN SIGHTディレクター、2012年には日本民藝館5代目館長に就任するなど、デザイン分野で幅広く活躍。ARTEMIDE、MAGIS、LAMY、マルニ木工、良品計画などのデザインを手掛け、auの携帯電話「INFOBAR」、水的なような形状の加湿器など、電子精密機器から、家具、インテリア、家電など、多様なプロダクトを生み出してきました。

本展では、特徴のある作品約110点を紹介します。デザインへの考え方などを4つの言葉にまとめ、そのテーマに合わせて作品をまとめて展示することで、思考を立体化、見える化させているのが特徴です。
 環境からモノの輪郭を導き出し、空間全体が“いい雰囲気”にまとまるようにする「Ambient」ではパナソニック《モディファイ スフィア》など、無意識化の行動の中にデザインのきっかけがあることを表した「Without thought」ではALESSI《Cha クリーマー》など、「行為に相即するデザイン」ではマルニ木工《HIROSHIMA アームチェア》など、人が共有する輪郭を見つけ出して作品化した「アウトライン」ではLAMY《NOTO》などが並びます。全作品で撮影が可能。生活感あふれる空間で、じっくりと各作品のデザインの狙いを展観できます。

《Cha クリーマー》ALESSI、2015年、アレッシィショップ青山 蔵
《加湿器》±0、2004年、NAOTO FUKASAWA DESIGN 蔵
《HIROSHIMA アームチェア》マルニ木工、2008年、株式会社マルニ木工 蔵
《ISSEY MIYAKE TWELVE NYOP001》セイコーウオッチ株式会社、2015年、セイコーウオッチ株式会社 蔵
《モディファイ スフィア》パナソニック株式会社、2009年、パナソニック 汐留ミュージアム 蔵
開催概要
展覧会名 AMBIENT 深澤直人がデザインする生活の周囲展
会期 2017年7月8日(土) 〜 10月1日(日)
休館日 水曜日、8月14日(月) 〜 16日(水)
時間 10:00〜18:00 ※入館は閉館時間の30分前まで
会場 パナソニック 汐留ミュージアム
港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4F 
>> 会場の紹介記事はこちら
入館料 一般 1,000円、65歳以上 900円、大学生 700円、中高生 500円
公式サイト http://panasonic.co.jp/es/museum/
問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
2017年7月更新