月岡芳年 妖怪百物語/月岡芳年 月百姿

得意の妖怪画と晩年の傑作がそろい踏み! 独自の描写と構図が魅力

歌川国芳の門下に名を連ね、幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師、月岡芳年(1839〜92)。明治時代には特に人気を博し、武者絵、歴史画、美人画、妖怪画など幅広いジャンルを手掛け、第一線で活躍しました。その門下から、日本画のジャンルで活躍する画家を多く輩出しています。多くの作品の中から妖怪画に絞り、2種類の怪奇画集を含む初期から晩年までの約100点を掘り下げる「月岡芳年 妖怪百物語」、最晩年の傑作で歴史や物語などの月下のワンシーンを描いた「月岡芳年 月百姿」、2カ月連続で月岡芳年の魅力に迫る2本立ての特別展です。

特別展「月岡芳年 妖怪百物語」初期と最晩年の作品で見比べ! 恐ろしくてユーモラスな芳年の妖怪

画業の初期から怪奇的な画題を好んだ芳年は、生涯にわたって怪奇的な物語を探求し、歴史、伝説、小説、芝居など幅広く取材。師匠の歌川国芳も妖怪画を得意としており、その影響も強かったと言われています。加えて、自身もたびたび幽霊を見たという逸話が残り、養女に怪談を語って聞かせるなど、幽霊や妖怪を普段から身近に感じていました。
 本展では、初期の妖怪画シリーズ「和漢百物語」全26図と、最晩年の妖怪画シリーズ「新形三十六怪撰」全36図を全点公開します。1865(慶応元)年、数え27歳で出版した「和漢百物語」は、妖怪をテーマにした最初の揃物。当時、グループで集まって怪談話をする会を“百物語”と呼んでいましたが、やがて書物のタイトルにも用いられるようになり、同シリーズでも採用されています。妃に化けた九尾の狐が暴虐の限りを尽くした「華陽夫人」、亡霊に驚かなかった怪力の「伊賀局」など日本と中国の怪談を広く取材した、若き日の力作です。対する「新形三十六怪撰」は、1889〜92(明治22〜25)年にかけて出版されたシリーズで、いくつかの図は1892(明治25)年に芳年が没した後に刊行された、最晩年の作品。「ほたむとうろう」、「貞信公夜宮中に怪を懼しむの図」など、妖怪画の集大成とも言える作品が並びます。注目は、『平家物語』や『太平記』などに載っている土蜘蛛退治をテーマにした「源頼光土蜘蛛ヲ切ル図」。土蜘蛛が半透明の巣網で頼光を絡め取ろうとするのを阻止するべく、名刀「膝丸」を頼光が抜こうとする瞬間が描かれた迫力の一枚は、気迫ある構図と土蜘蛛の黄色の眼が印象的です。

月岡芳年「魁題百撰相 金吾中納言秀秋」(太田記念美術館蔵)
月岡芳年「和漢百物語  頓欲ノ婆々」(太田記念美術館蔵)
「新形三十六怪撰 源頼光土蜘蛛ヲ切ル図」(太田記念美術館蔵)

特別展「月岡芳年 月百姿」全100点を一挙公開! 月にまつわる多彩な物語を独自の切り口で表現

1885〜92(明治18〜25)年に制作された「月百姿」は、1892年没の芳年が最晩年に手掛け、月にちなんだ物語を題材に全100点で構成される連作です。浮世絵が衰退し、最後の浮世絵師とも称されるなか、たどり着いた境地を全点総覧することで、芳年の狙いや作品の魅力をトータルで把握できる希少な機会となります。
 本展では、1.美しき女たち、2.勇ましき男たち、3.妖怪・幽霊・神仏、4.風雅・郷愁・悲哀と、美術館独自の切り口で、「月百姿」の世界観を解説。平安や戦国時代の武将、絶世の美女、摩訶不思議な妖怪や幽霊などが、大胆な視点から切り取った迫力ある構図で描かれ、現代にも通じる美しさやカッコよさがあります。中でも「つきの百姿 大物海上月 弁慶」は、源義経たちが大物浦から船出した際、暴風雨と共に壇ノ浦に沈んだ平家の怨霊たちが行く手を阻み、弁慶が経文を唱えて怨霊を退散させた迫力ある作品。画面の多くを占める漆黒の海と、弁慶に襲い掛かる不気味な波の動きで、見る人の不安をかきたてる計算された構図は一見の価値があります。「月百姿 吼噦(こんかい)」で表されている月夜らしい静謐さもあれば、「つきの百姿 盆の月」のような盆踊りの賑やかさもあり、シーンの多彩さも、彫りや摺りの美しさなどと並ぶ見どころの一つとなっています。

月岡芳年「月百姿 はかなしや波の下にも入ぬへしつきの都の人や見るとて 有子」(太田記念美術館蔵)
月岡芳年「月百姿 玉兎 孫悟空」(太田記念美術館蔵)
月岡芳年「つきの百姿 大物海上月 弁慶」(太田記念美術館蔵)
開催概要
展覧会名・会期 月岡芳年 妖怪百物語
2017年7月29日(土) 〜 8月27日(日)
月岡芳年 月百姿
2017年9月1日(金) 〜 9月24日(日)
休館日 月曜日(ただし9月18日は開館)、9月19日(火)
時間 10:30〜17:30 ※入館は閉館時間の30分前まで
会場 太田記念美術館
渋谷区神宮前1-10-10 
>> 会場の紹介記事はこちら
入館料 一般 1,000円、高大生 700円
公式サイト http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/
問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
2017年7月更新