国立新美術館開館10周年 新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで

映画ができるまでの軌跡や制作背景を資料や造形物から紐解く

キービジュアル © 2016「 君の名は。」製作委員会 © Makoto Shinkai / CoMix Wave Films © Makoto Shinkai / CMMMY

2016年、『君の名は。』が国内外で大ヒットしたアニメーション監督の新海誠。背景描写の美しさ、奥行き感のある映像、独自の作品世界、デジタル技術の活用など、映画ができるまでに着目し、作品世界の解説や制作の舞台裏などに迫る企画展です。国立の美術館では初めての現役アニメーション映画監督による展覧会となります。

1973年長野県に生まれた新海誠は、2002年、個人で制作した短編作品『ほしのこえ』で商業デビューします。“美しく壮大な世界ですれ違う男女の物語”をテーマに、『雲のむこう、約束の場所』、『秒速5センチメートル』、『星を追う子ども』、『言の葉の庭』を次々と発表。完成度の高い作品は、国内外で高い評価と支持を受けました。2012年には、内閣官房国家戦略室より「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」として感謝状を授与されます。2016年に公開された『君の名は。』は、世代や国境を越えて多くの人をひきつけ、世界中で大ヒットとなりました。

本展では、デビューから15年にわたり取り組んできた各映画作品の絵コンテ、設定、作画、美術、映像はもちろん、作品の世界観を体験できる造形物も含めた約1,000点を展示します。2,000平米と、広大な展示空間に合わせて、初公開の制作資料も多数用意。デビュー作『ほしのこえ』から最新作『君の名は。』までを各章ごとにまとめて掘り下げます。繰り返し登場するモチーフやテーマから共通性を探る、いち早くデジタル技術を制作に取り入れた背景、デジタルワークによる映像制作過程の解説、海外への広がりといった同氏ならではの技術や手法について、映像、アニメーション、美術、文芸など、多様な分野のスペシャリストから成る特別キュレトリアルチームが映像、言葉、音楽を交えて解説をしている点が見どころです。それぞれの作品世界を楽しめるフォトスポットも登場します。


「君の名は。」場面カット © 2016「 君の名は。」製作委員会
「君の名は。」作画監督・安藤雅司によるレイアウト修正 © 2016「 君の名は。」製作委員会
「雲のむこう、約束の場所」場面カット © Makoto Shinkai / CoMix Wave Films
「星を追う子ども」場面カット © Makoto Shinkai / CMMMY
開催概要
展覧会名 国立新美術館開館10周年
新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで
会期 2017年11月11日(土) 〜 12月18日(月)
休館日 火曜日
時間 10:00〜18:00
※金・土は20:00まで
※入場は閉館時間の30分前まで
会場 国立新美術館 企画展示室2E
港区六本木7-22-2 
>> 会場の紹介記事はこちら
観覧料 一般 1,600円、大学生 1,200円、高校生 800円
※11月17日(金)、18日(土)、19日(日)は高校生無料観覧日(学生証の提示が必要)
公式サイト http://shinkaimakoto-ten.com/tokyo/
問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
2017年11月更新