日本・スウェーデン外交関係樹立150周年 インゲヤード・ローマン展

スウェーデンを代表する世界的デザイナーの発想力に注目

デザイナーであり、陶芸家でもあるインゲヤード・ローマン(1943〜)。機能性を重視した日常使いのガラス食器や陶磁器を多く手掛ける創作活動に注目。2016年にスウェーデン国立美術館で開催された同名の企画展をベースに日本独自の企画も盛り込み、初期から最新作までを俯瞰する企画展です。

1943(昭和18)年、ストックホルムに生まれたローマンは、1962(昭和37)年スウェーデン家具の父と呼ばれる家具デザイナーのカール・マルムステンが創立したカペラゴーデン手工芸学校で学び、スウェーデン国立芸術工芸デザイン大学に進学。卒業後、イタリアのファエンツァ国立陶芸学校で本格的に陶芸を学びます。その後、南スウェーデンの自宅に構えた工房で陶器の製作を始めました。1968(昭和43)年から4年間、ガラスメーカー「ヨハンスフォース」社に在籍した後、1981(昭和56)年から17年にわたり、ガラスメーカー「スクルフ」社でデザイナーとして活動。その間に、グラスジャグとろうそく立てで、エクセレント・スウェディッシュ・デザインアワードを受賞しています。

本展では、代表作を中心に約180点を展示。工房で手掛けた陶磁器のほか、デザイン提供を行ったスウェーデンのガラスメーカー「スクルフ」や「オレフォス」の製品、イケアとのコラボで生まれた天然素材を使った家具やバスケットなどがそろう“ヴィークティグト コレクション”、有田焼の老舗である香蘭社や木村硝子店との協働プロジェクトなど、幅広い活動が展観できます。特に、ローマン自身が工芸館の和室を使って行う展示は必見です。会場全体のデザインは、ベルリンのスウェーデン大使館のインテリアデザインなどを手掛けた北欧建築家グループ「クラーソン・コイヴィスト・ルーネ」が担当。世界的デザイナー、気鋭の建築家グループ、歴史ある建物の異色コラボも実現します。
 「自分が使いたいもの、使い勝手の良いもの」を考え、「使われて初めてデザインの価値が生まれる」という理念のもと、発表以後もローマン自身が使って、デザイン修正を重ねているものもあるというガラス作品、自らが工場に赴いて職人と共同作業で完成させたイケアのシリーズ作品、重ねると蓮の花のように見える木村硝子店《THE SET》など、日常を意識しながらデザインを組み込んでいくローマンの豊かな思考に触れ、スウェーデンの今も感じられる盛りだくさんの内容となっています。

《ボウル》 1999年 インゲヤード工房 photo: Anna Danielsson/Nationalmuseum Stockholm
《ティー・サービス・セット》 2016年 2016株式会社 photo: Anna Danielsson/Nationalmuseum Stockholm

《花瓶》 2003年、2004年、2009年 オレフォス photo: Anna Danielsson/Nationalmuseum Stockholm
《VIKTIGT/ヴィークティグトペンダントランプシェート》 2016年 イケア © Inter IKEA Systems B.V.
開催概要
展覧会名 日本・スウェーデン外交関係樹立150周年
インゲヤード・ローマン展
会期 2018年9月14日(金) 〜 12月9日(日)
休館日 月曜日(ただし9月17、24日、10月8日は開館)、
9月18日(火)、9月25日(火)、10月9日(火)
時間 10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
会場 東京国立近代美術館工芸館
千代田区北の丸公園1-1
>> 会場の紹介記事はこちら
入館料 一般 600円、大学生 400円
無料観覧日:11月3日(土・祝)文化の日
公式サイト http://www.momat.go.jp/cg/exhibition/ingegerd_2018/
問合せ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
2018年8月更新