建築をみる2020 東京モダン生活  東京都コレクションにみる1930年代

年に一度の建物公開展。今年は1930年代のモダン都市・東京の姿とともに

1933年に竣工した朝香宮邸、現・東京都庭園美術館本館の魅力を紹介する、年に一度の建物公開展。恒例となった邸宅空間の再現展示では、家具調度を室内に誂え、普段は作品保護を目的に閉じられているカーテンが開け放たれ、光あふれる室内空間の中で、朝香宮邸当時の雰囲気を楽しめる。また、本展期間中は、本館内での写真撮影が可能というのも嬉しい。

これまで東京都庭園美術館では、建物の歴史や室内のディティール、建設に関わった人々、修復内容など、毎年異なるテーマを設けて多様な角度から建物公開展を行ってきた。今回は、この邸宅建築が生まれた時代・都市である、1930年代の東京に焦点を当て、モダン都市・東京の姿を多面的に紹介する。

1930年代の東京―――1923年の関東大震災によって江戸・明治の面影を失いながらも、「帝都復興」の掛け声のもと近代都市としての新しいスタートを切った地。華々しい震災復興記念祭とともに幕を開けたこの時代は、ガラスと鉄筋コンクリートの近代的な建築が立ち並び、地下鉄が走り、モダンな衣服に身を包んだモガ・モボたちが銀座の街を闊歩した。やがて戦争の惨禍にさらされるまでのわずかな間に、日本の都市文化の中心地として花開いたのだ。現代の東京に繋がる都市の原型が形作られた時代と言っても過言ではなく、今にも通じるモダンなライフスタイルの萌芽を見て取ることができる。
 本展では、東京都江戸東京博物館、東京都現代美術館、東京都写真美術館、東京都美術館、東京文化会館、東京都立多摩図書館など、都の所有する作品・資料絵画や家具、写真、雑誌、衣服など、分野を横断する多彩なコレクション約140点の紹介を通して、朝香宮邸が生まれた時代の、モダン都市・東京の在り様を描き出すことを試みる。

東京に今なお確かに息づくモダンの息吹を、美しい建物を満喫しながら、じっくり探っていきたい。

新海覚雄《椅子に倚る女》1937年 東京都現代美術館蔵
川上澄生《銀座『新東京百景』》1929年 東京都現代美術館蔵
《バラ文様着物》昭和初期 東京都江戸東京博物館蔵

東京都庭園美術館本館 妃殿下寝室 扉
東京都庭園美術館本館 次室 香水塔
東京都庭園美術館本館 妃殿下居間 バルコニータイル

5組10名様 チケットプレゼント

本展チケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。ご希望の方は下記の応募フォームにご入力いただき送信ください。
なお、当選発表は発送をもってかえさせていただきます。
締切:2020年7月9日(木)

開催概要
展覧会名 建築をみる2020 東京モダン生活ライフ 東京都コレクションにみる1930年代
会期 2020年6月1日(月) 〜 9月27日(日)
休館日 毎月第2・第4水曜日
時間 10:00〜18:00
※展示室入場は閉館時間の30分前まで
会場 東京都庭園美術館(本館+新館)
港区白金台5-21-9
>> 会場の紹介記事はこちら
観覧料 一般 900円、大学生・専門学校生 720円、中高生・65歳以上 450円、小学生以下無料
公式サイト https://www.teien-art-museum.ne.jp/
問合せ 050-5541-8600 (ハローダイヤル)
2020年6月23日更新