アナザーエナジー展:挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人

71歳から105歳まで全員現役!
彼女たちを突き動かす特別な力「アナザーエナジー」とは?

1950年代から1970年代にかけて活動を始め、2021年の現在に至るまで世界各地で制作活動を続ける女性アーティスト16名に光を当てた展覧会。年齢は71歳から105歳まで、彼女たちの50年以上におよぶキャリアを、初期作品から代表作、本展のための新作などにより多角的に紹介する。

近年、ジェンダー、人種、民族、信条など多様なアイデンティティの不均衡を正し、ダイバーシティ(多様性)を重視する動きが世界各地に広がっている。現代アートにおいてもこの10年ほどの間、1950年代から70年代に活動を始め今日まで継続してきた女性アーティストたちに注目が集まっている。
 出展作家は、エテル・アドナン、フィリダ・バーロウ、アンナ・ボギギアン、ミリアム・カーン、リリ・デュジュリー、アンナ・ベラ・ガイゲル、ベアトリス・ゴンザレス、カルメン・ヘレラ、キム・スンギ、スザンヌ・レイシー、三島喜美代、宮本和子、センガ・ネングディ、ヌヌンWS、アルピタ・シン、ロビン・ホワイトの16名。出身は世界14ヵ国におよび、現在の活動拠点、表現方法、そして生き方まで多岐にわたる。
 本展では、絵画、映像、彫刻、大規模インスタレーションにパフォーマンスなどの多彩で力強い作品約130点を通して、彼女たちを突き動かす特別な力、「アナザーエナジー」とは何かを考える。それぞれが置かれた環境や時代の変化のなか自らの信念を貫き、美術館やアートマーケットの評価にとらわれることなく、独自の創作活動を続けてきた彼女たちの作品を通して、フェミニズム、移民の歴史など世界の問題や事象、さらには美術史のさまざまな解釈なども見えてくるはずだ。

世界が未曾有の事態にある今、これら16名のアーティストたちが確固たる自らの信念を貫き生涯をかけて歩み続けている姿は、私たちに困難を乗り越え、未来に向けて挑戦するための力を与えてくれることだろう。

フィリダ・バーロウ 《無題:キャンバスラック; 2018-2019》 2018-2019年 コンクリート、キャンバス、ハードボード、塗料、プラスチック、集合材、鉄、テープ、木材 サイズ可変 Courtesy: Cross Steele Collection 展示風景:「袋小路」ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ(ロンドン)2019年 撮影:Damian Griffiths ※参考図版
ミリアム・カーン 《美しいブルー》 2017年5月13日 油彩、キャンバス 200×195cm Courtesy: WAKO WORKS OF ART
三島喜美代《作品 92-N》1990-1992年 陶にシルクスクリーン印刷 227×490×390cm 撮影:小川重雄 画像提供:美術資料センター(東京)

カルメン・ヘレラ 《赤い直角》 2017-2018年 塗料、アルミニウム 109.7×153.7×26.4cm Courtesy: Lisson Gallery
宮本和子 《黒い芥子》 1979年 糸、釘 サイズ可変 Courtesy: Exile, Vienna, and Take Ninagawa, Tokyo 展示風景:A.I.R.ギャラリー(ニューヨーク)1979年
ロビン・ホワイト&ルハ・フィフィタ 《大通り沿いで目にしたもの》(「コ・エ・ハラ・ハンガトゥヌ:まっすぐな道」シリーズより) 2015-2016年 顔料、植物染料、樹皮布 2,400×380cm 展示風景:「大通り沿いで目にしたもの」ビクトリア国立美術館(メルボルン)2016年 撮影:Michael Fudakowski
開催概要
展覧会名 アナザーエナジー展:挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人
会期 2021年4月22日(木)〜9月26日(日)
休館日 会期中無休
時間 10:00〜22:00 20:00(火曜日は17:00まで)
※当面の間、時間を短縮して営業
※入館は閉館時間の30分前まで
会場 森美術館
港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
>> 会場の紹介記事はこちら
入館料 【平日】一般 2,000円、高大学生 1,300円、4歳〜中学生 700円、65歳以上 1,700円 ほか
【土・日・休日】一般 2,200円、高大学生 1,400円、4歳〜中学生 800円、65歳以上 1,900円 ほか
※事前予約可
※詳細はこちらをご確認ください
公式サイト www.mori.art.museum
問合せ 050-5541-8600 (ハローダイヤル)
2021年6月1日更新