ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル

フィンランドの美しい自然から生まれた、心を包むフォルムの秘密

豊かな自然と美しいデザインの宝庫、フィンランド。幸福度世界一を誇るこの国で長く使い続けられているプロダクトの数々は、「大いなる自然を忘れない」という思想に裏付けられている。そのようなデザインに囲まれたフィンランドの人々は、大地からの恩恵を生活に取り入れるライフスタイルを愛してきた。1930年代から70年代にかけて、今も広く知られるデザイナー、建築家、アーティストたちが登場し、彼らの活躍によって今日まで続くフィンランドデザインが確立されたが、彼らのインスピレーションの源は、やはりこの国に広がる豊かな自然だった。

本展では、ヘルシンキ市立美術館(HAM)監修のもと、マリメッコやフィンレイソンのテキスタイル、カイ・フランクのガラス工芸の他、陶磁器や家具など、同時代にデザイン・制作されたプロダクトとともに、同時代の絵画などもあわせて展示。約250点の作品と約80点の関係資料で、時代を超えて愛される名品が生み出されたフィンランドデザインの歩みを紹介する。

展示は6章から構成。第1章では、森や木々など自然が織りなす美しさにインスピレーションを得た、フィンランドデザインの特徴である有機的フォルムの原点を追う。続く第2章では、大量生産と実用性をキーワードとする機能主義から生まれたシンプルかつ合理的なデザインを、一方、第3章では、合理的な機能主義から離れ独自のデザインが花開いた、フィンランドデザインの「黄金時代」と呼ばれる1950年代のプロダクトを紹介。さらに、第4章のテキスタイル、第5章の広告や雑誌、第6章のおもちゃや絵本など、モダンで革新的、しかし馴染みやすい愛らしさ溢れるデザインの数々が登場する。

自然とともに生きる暮らしのなかで生まれた、フィンランドの人々の豊かな発想力と彩りにあふれる世界を堪能したい。

マッティ A. ピトゥカネン《アイスマン(タピオ・ヴィルッカラ)》1962 年、フィンランド国立写真美術館蔵
アルヴァ・アアルト《キャンチレバーチェア 31(現:42 アームチェア)/パイミオサナトリウム竣工時のオリジナル製品》1931 年、木工家具・建築設備社(トゥルク)、フィンランド・デザイン・ミュージアム蔵、Photo/Räuno Traskelin
アイノ・アアルト《「ボルゲブリック」花瓶、ボトル》1932 年、カルフラガラス製作所、コレクション・カッコネン蔵、Photo/Räuno Traskelin
セッポ・サヴェス《アンニカ・リマラ「リンヤヴィーッタ」ドレス、ヴオッコ・ヌルメスニエミ「ガッレリア」テキスタイルデザイン》1966 年、フィンランド・デザイン・ミュージアム蔵
カイ・フランク《木製人形(サーカスの団長、女の子)》1940 年代、フィンランド・デザイン・ミュージアム蔵、Photo/Harry Kivilinna(サーカスの団長)
5組10名様 読者プレゼント

本展チケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。ご希望の方は下記の応募フォームにご入力いただき送信ください。
なお、当選発表は発送をもってかえさせていただきます。
締切:2021年12月15(水)

開催概要
展覧会名 ザ・フィンランドデザイン展―自然が宿るライフスタイル
会期 2021年12月7日(火)〜2022年1月30日(日)
休館日 1月1日(土・祝)
時間 10:00〜18:00
※金・土曜日は21:00まで
※入館は各閉館時間の30分前まで
会場 Bunkamura ザ・ミュージアム
渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
入館料 一般 1,700円、高大生 1,000円、小中生 700円
※土日祝、1月24日(月)〜30日(日)はオンラインによる入場日時予約制
※詳細は公式サイトをご確認ください
公式サイト https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/21_Finland/
問合せ 050-5541-8600 (ハローダイヤル)
2021年11月25日更新