水木しげるの妖怪 百鬼夜行展〜お化けたちはこうして生まれた〜

360度の眺望が楽しめる六本木ヒルズ森タワー52階の展望台に、妖怪たちが一堂集結!

漫画家・水木しげるの生誕100周年を記念して、東京シティビューを舞台に、水木の妖怪世界を壮大な景色とともに存分に楽しめる初の大型展覧会が開催される。

本展では、江戸時代の絵師・鳥山石燕の「画図百鬼夜行」、昭和初期の民俗学者・柳田國男の「妖怪談義」など、水木自身が所蔵する妖怪関係資料を初公開。百鬼夜行の名にふさわしく、水木しげるの妖怪画を100点以上にわたって一挙公開する。水木の描いた日本の妖怪たちがどのように生まれてきたかを紐解く展示内容となっている。
 海抜250mから都市のビル群や東京タワー、東京湾などの景色を一望できるエントランスに現れる〈天空の水木しげるロード〉を抜けると、そこには、水木しげるが感じ、描いてきた妖怪の世界が4つの章にわたり広がる。
 「第1章:水木しげるの妖怪人生」では、水木が妖怪にこだわり続けた理由の片鱗を、幼少期を過ごした境港時代、生死をさまよった従軍時代、貧困の貸本漫画家から一躍人気漫画家となった時代などを通して探る。展示は、古書店街を頻繁に訪れていた水木が所蔵する貴重な妖怪関連書籍が並ぶ「第2章:古書店妖怪探訪」から、妖怪画の創作方法を紹介する「第3章:水木しげるの妖怪工房」へと続く。そして最終章の「第4章:水木しげるの百鬼夜行」では、水木の妖怪画を存分に味わえる章として、「山」「水」「里」「家」それぞれに棲む妖怪を展示。水木妖怪の原画を心ゆくまで楽しめる世界が広がる。

会場エントランスでは、境港市に並ぶブロンズ像と同じ妖怪たちが出迎えるほか、NHK Eテレ「てれび絵本」で紹介された「水木しげるの妖怪えほん」に登場した人気妖怪の迫力ある映像上映もある。また、“妖怪カメラAR”を使って妖怪と記念写真が撮影できるしくみも隠されており、大人から子どもまで水木が創造した異世界を存分に楽しめる内容が随所にちりばめられている。
 会期期間中はオリジナル“妖怪図鑑”が作れる〈親子キッズワークショップ〉や、ガイド付で展覧会を楽しめる〈大人向けのナイトツアー〉など関連イベントも開催され、コラボカフェ「妖怪の森Cafe」も登場する。

妖怪研究に没頭し、現代の日本人に「妖怪」という文化を根付かせた水木しげるはどのように妖怪と向き合い、描いてきたのか。真夏のひと時、妖怪満載の本展を通してぜひ、水木の妖怪世界を身近に感じてもらいたい。


キービジュアル
エントランス:天空の水木しげるロード
『アマビエ』
『塗壁』

開催概要
展覧会名 水木しげるの妖怪 百鬼夜行展〜お化けたちはこうして生まれた〜
会期 2022年7月8日(金)〜9月4日(日)
休館日 会期中無休
時間 10:00〜22:00
※入館は閉館時間の1時間前まで
会場 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー
港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 52階
観覧料 【事前予約】
東京シティビューオンラインチケット:一般 1,900円、高大生 1,300円、4歳〜中学生 700円、
65歳以上 1,600円
ローソンチケット:一般 2,200円、高大生 1,600円、4歳〜中学生 1,000円、65歳以上 1,900円
【当日】
一般 2,200円、高大生 1,600円、4歳〜中学生 1,000円、65歳以上 1,900円
※日時指定制
公式サイト https://mizuki-yokai-ex.roppongihills.com/
公式Twitter https://twitter.com/mizuki_yokai_ex
問合せ 03-6406-6652
2022年7月4日更新