港区界隈の個性派 博物館
食とくらしの小さな博物館
あの時代へタイムスリップ!『味の素』とたどる食卓のヒストリー 食とくらしの小さな博物館

日本10大発明の一つに数えられる「味の素」。今や世界中で知られる調味料は、“うま味”の主成分が「グルタミン酸」であることを池田菊苗博士により発見されたことに始まる――。約100年前に遡る「味の素」誕生から現代に至る食の歴史を、時代ごとの「味の素」商品や食卓風景を通じて体感できるミュージアム。

入り口のビジョンでは、「味の素」誕生にまつわるストーリーを放映。「化粧品と間違えて使用した」など開発当初の印象的なエピソードがテンポよくまとめられている。展示室内へ足を踏み入れると、歴代「味の素」が迎えてくれる。とりわけ目をひくのは「具留多味酸」のラベルが貼られた古めかしいボトル。なんと中に残るのは、博士が抽出に成功したグルタミン酸の現物だという。約25年のスパンで区切られた4つの展示スペースには、「味の素」ブランドの商品と共に当時流行ったおもちゃやグッズも並ぶ。

商品展示の向かいに、戦前・昭和中期・昭和後期・平成と各時代を象徴した食卓風景が現れる。研究者の監修に基づき作りこまれた食卓には、さっきまで家族が食事をしていたかのようなリアルさが漂う。とりわけ、25年ほどでちゃぶ台暮らしから一転、洋風のダイニングセットへと移り変わる様は圧巻。高度成長期のすさまじい変容ぶりが浮き出たシーンとなっている。展示室後半のアミノ酸を知るコーナーでは、専用パソコンで健康情報やアミノ酸クイズなどを楽しめる。

常設展のほか、同じフロアにある(公財)味の素 食の文化センター運営の食文化展示室もチェックしたい。食をテーマに描いた錦絵、絵に登場する花見弁当のレプリカなど、江戸の食文化を今に伝える展示は必見。ふらりと訪ねやすい「小さな博物館」だが、日本の100年を一気に旅するようなダイナミックさが味わえるスポットだ。

    食とくらしの小さな博物館(高輪)
  • 港区高輪3-13-65 [MAP]
  • 博物館 03-5488-7305
    図書館 03-5488-7319
  • 入場無料
  • 10:00〜17:00
  • 休館日 日曜・祝日・年末年始
  • 都営浅草線「高輪台駅」徒歩3分
  • webサイト
    味の素 食の文化センター/食の専門図書館
  • webサイト
歴代の「味の素」
池田博士が抽出に成功した際の「グルタミン酸」
1946-1975の展示ブース
昭和10年頃の食卓風景(再現)
「三種の神器」ともてはやされた家電が各家庭に普及し始めた頃の食卓風景
限定コンテンツが楽しめるパソコンコーナー
食文化展示室ミニコーナー
1910年〜1950年代当時の「味の素」欄間広告(電車の車内広告)
食の文化に関する専門図書館

2010年2月取材/2014年4月更新